50歳からのひとり天国生活術

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 223p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784259539764
  • NDC分類 367.4
  • Cコード C0077

目次

心(人はみなひとり、寂しい生き物;親がいなくなってはじめて天涯孤独を実感)
健康(知識と人間関係が体の不安を解消してくれる;健康づくりは1日にしてならず)
日常生活(やる気で実現できる男仕事;ひとりでも楽しめる健康効果のある食事)
経済(法律と相続・遺産問題は信頼できる専門家にゆだねる;ひとりの老後に備えて準備する)
時間(すべてが自由な時間。これを謳歌しよう;生活の中で五感を磨き、毎日を楽しむ)

著者等紹介

松原惇子[マツバラジュンコ]
1947年埼玉県生まれ。昭和女子大学卒業後、ニューヨーク市立クイーンズカレッジ大学大学院カウンセリング科修士課程修了。帰国後、重度身体障害施設にカウンセラーとして勤務、執筆活動を開始する。1986年に『女が家を買うとき』(文芸春秋)を発表。88年発売の『クロワッサン症候群』(同)はベストセラーとなる。常にシングル女性の心理を描くノンフィクション作品を発表し続けている。1998年に「個」を生きる女性たちの、今と未来をよくする会として「SSSネットワーク」(SSS=シングル・スマイル・シニアライフ)を発足した。著書に『シングル・スマイル・シニアライフ』(文芸春秋)、『女・40代・美しくなった理由』(講談社)など多数
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

introduction

4
うーん、自分だったらおひとり様をこんなに優雅には楽しめないな。ハワイに年3回行くなら老後に備えて節約したい。経済的に余裕のある50代ばかりではないと思う…2022/05/01

シルク

1
シングル、死別、離婚、色んな理由で50歳前後でひとりの女性が生きていく手引き書。18年も前の本なので諸々事情は違っているが、心構えとして見るにはいいかもしれない。独り身でも社会と繋がりを持ち、健康維持に留意して、趣味と生き甲斐を忘れずにと言ったところだが、最後の最後で筆者が「年に3回はハワイで過ごすことをモットーとしている」ときたから、ガッカリな内容だったことは否めない。2019/10/10

yukimono

0
☆42010/12/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/148243

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。