アジアを見る眼<br> 新しいASEAN―地域共同体とアジアの中心性を目指して

個数:

アジアを見る眼
新しいASEAN―地域共同体とアジアの中心性を目指して

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年07月16日 09時12分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 254p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784258051144
  • NDC分類 319.23
  • Cコード C1230

内容説明

途上国による地域機構として、また、アジア太平洋あるいは東アジアの地域協力の中核として、ますます注目されるようになったASEAN。近年では、ASEAN共同体の構築とアジアの中心性を目指してさまざまな新しい試みが打ち出されている。ASEANとはどのような組織なのか、そしてどのような役割をはたそうとしているのか。本書は、一九六七年の設立から現在までの歴史を辿るとともに、どこへ向かおうとしているのかを多面的に展望する、“変わりつつあるASEAN”の解説書である。

目次

第1章 ASEANの歩んできた道、これから作る道―「新しいASEAN」の浮上
第2章 ASEAN政治安全保障共同体に向けて―現況と課題
第3章 ASEAN経済共同体に向けて―現況と課題
第4章 ASEAN社会文化共同体に向けて―現況と課題
第5章 「ハブ」としてのASEAN―域外諸国との関係とその変容
第6章 ASEANにおける組織改革―憲章発効後の課題
第7章 ASEANにおける規範―論争から変容へ

著者等紹介

山影進[ヤマカゲススム]
東京大学大学院総合文化研究科教授。マサチューセッツ工科大学Ph.D.(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件