ペーパームービー (新装版)

個数:
電子版価格 ¥1,100
  • 電書あり

ペーパームービー (新装版)

  • 在庫が僅少です。通常、3~7日後に出荷されます
    ※事情により出荷が遅れたり、在庫切れとなる場合もございます。
    ※他のご注文品がすべて揃ってからの発送が原則となります(ご予約品を除く)。
    ※複数冊ご注文の場合にはお取り寄せとなり1~3週間程度かかります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常、3~7日後に出荷されます

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B40判/ページ数 173p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784255012544
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0095

出版社内容情報

樹木希林、内田裕也というハゲシイ家族、そして運命のひと・本木雅弘との出会い。
人を愛するってどんなこと? くもりない瞳でつづられた傑作エッセイ、待望の復刊!

満島ひかりさん推薦!

希林さんが亡くなったと聞いた日から数日、雨が止まなかった。厳しく温かい音のする浄化の雨は、彼女が世に映してくれた愛の現象のようで涙が止まらなかった。
内田也哉子さんの映した10代から今に、これまた涙が止まりません。ビッグスクリーンの愛の映画みたいです。カタチにならない感情や人物たちの勝手さ聡明さが、透明で虹色に生きていて――
私にはほーんっとにキマシタ。

‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾

高橋源一郎さん推薦!
ここには「ピュア」なものがある。 
‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾

「この人の言葉をもっと読みたい」「手元に置いておきたい」という声にこたえ、新しいあとがきを加えて新装復刊!
19歳の内田也哉子が描く、友愛、恋愛、家族愛。
人生は、たいせつなシーンがつながりふくらむペーパームービー。

◇◇◇◇◇
 親であれ、かけがえのない人であれ、命はいつか尽きる。だからこそ、その命が輝いているほんの束の間に出会い、過ごし、共に分かち合えるのは、この世の奇跡なのかもしれない。
(「三度目のあとがき」より)      

内容説明

ハゲシイ家族、そして運命のひととの日々。19歳の内田也哉子が描く、友愛、恋愛、家族愛。人生は、たいせつなシーンがつながりふくらむペーパームービー。

目次

九つ はじめての留学
突然の兄姉
バイオレントチャイルド
ヘンなゴハン
自分が原因
カナシイ人間物語その(1)レスキューミー!!
K.U.
パパラルディ
トマトジュース
un amour,s’il vous pla^it〔ほか〕

著者等紹介

内田也哉子[ウチダヤヤコ]
1976年東京都生まれ。樹木希林、内田裕也の一人娘として生まれ、19歳で本木雅弘と結婚する。三児の母。エッセイ、翻訳、作詞、ナレーションのほか音楽ユニット“sighboat”でも活動(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

佐島楓

69
也哉子さん19歳のときのエッセイ。高橋源一郎さんがラジオで紹介してくださって以来ずっと読みたいと思っていたので、今回の復刊はうれしい。あっちに転がり、こっちに弾む文章を読んでいるだけで、也哉子さんが天真爛漫で愛情深いかただということがわかって、こりゃ本木さんが惚れるのも当たり前だと思ってしまう。そっけなくても離れていても、確かに愛されていたひと。人と人との出会いと別れの不思議。これからのご活躍を祈っています。2021/12/17

さっちゃん

4
私は本をあとがきから読むのが好きだ。あとがきにはその本の側面が隠れていると思うからだ。このペーパームービーという本には、何と多角的な側面があるのだろう。さまざまな形で世に出たので、その時々の著者の側面が残っているのかもしれない。過去の版を読んだ人にも、あとがきを読むだけで不思議と新しい読後感を与えてくれるだろう。映画にも、本にも、魔物というよりも魔術が宿っているに違いない。2021/12/08

TOMYTOMY

3
文才の持ち主。裕也さんのエピソードが素晴らしい!!2021/11/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18759485

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。