本の未来を探す旅 台北

個数:
電子版価格 ¥2,160
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

本の未来を探す旅 台北

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年03月23日 17時28分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 184p/高さ 25cm
  • 商品コード 9784255010847
  • NDC分類 023.22
  • Cコード C0095

内容説明

韓国のソウルで始まった「本の未来を探す旅」。次の行き先は南に進路を変え、台湾の台北を目指した。この島国でも韓国と同様に、若い世代が新しく本屋を立ち上げては、自力で出版社を始める。東アジアでいま同時多発的に起こっている「独立」のムーブメントは、いったい何を意味し、この先どこへ向かうのだろう?台北とソウルの違いは、何だろう?異なる場所と文化の中に身を置くとき、日本から見ていた「本の未来」はどう変わっていくだろうか。今回も書店主や編集者やブックデザイナーなど、台湾の出版文化を牽引する新世代31人に会って、じっくり話を聞いた。

目次

アートブックと展示で空間を作り変え続けていくコンセプト書店―朋丁(ポンディン)/イーチョウ・チェン
現代台湾の小さな物語をショップで立体化するライフスタイルデザイン誌―小日子(シャオヅーズ)/ローラ・リュウ
青鳥書店(あおどりしょてん)
コンテンツの力を第一に販売員が「書店員」になるグローバルストリートマガジン―THE BIG ISSUE TAIWAN(ビッグイシュー・タイワン)/ブライアン・ファン+ウェイティン・リャン
新聞という形に新たな可能性を見いだした、時間を編集するメディア―週刊編集(しゅうかんへんしゅう)/ファインス・リー
Waiting Room(ウェイティング・ルーム)
本の「創作」実験を続けるひとり出版社のパイオニア―逗點文創結社(とうてんぶんそうけっしゃ)/シャーキー・チェン
詩生活(しせいかつ)
多彩な「本」のコンテンツで人を読書生活へ引き込むオンライン書店発メディア―博客來(ボーカーライ)+OKAPI(オカピ)/ジャネット・ホー+アゾナ・ホー
荒花(あらはな)〔ほか〕

著者等紹介

内沼晋太郎[ウチヌマシンタロウ]
1980年生まれ。ブック・コーディネーター、クリエイティブ・ディレクター。NUMABOOKS代表、下北沢「本屋B&B」共同経営者

綾女欣伸[アヤメヨシノブ]
1977年生まれ。朝日出版社で編集職

山本佳代子[ヤマモトカヨコ]
フォトグラファー。参加写真集に『Tokyo Halloween』。主な仕事はミュージシャンのCDジャケットやプロフィール写真など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

韓国のソウルで始まった「本の未来を探す旅」。
次の行き先は南に進路を変え、台湾の台北を目指した。
この島国でも韓国と同様に、若い世代が新しく本屋を立ち上げては、自力で出版社を始める。
東アジアでいま同時多発的に起こっている「独立」のムーブメントは、いったい何を意味し、
この先どこへ向かうのだろう? 台北とソウルの違いは、何だろう?
異なる場所と文化の中に身を置くとき、日本から見ていた「本の未来」はどう変わっていくだろうか。
今回も書店主や編集者やブックデザイナーなど、台湾の出版文化を牽引する
新世代31人に会って、じっくり話を聞いた。

はじめに /綾女欣伸
・アートブックと展示で空間を作り変え続けていくコンセプト書店
朋丁(ポンディン)/ イーチョウ・チェン
・現代台湾の小さな物語をショップで立体化するライフスタイルデザイン誌
小日子(シャオヅーズ)/ ローラ・リュウ
・青鳥書店(あおどりしょてん)
・コンテンツの力を第一に販売員が「書店員」になるグローバルストリートマガジン
THE BIG ISSUE TAIWAN(ビッグイシュー・タイワン)/ ブライアン・ファン+ウェイティン・リャン
・新聞という形に新たな可能性を見いだした、時間を編集するメディア
週刊編集(しゅうかんへんしゅう)/ ファインス・リー
・Waiting Room(ウェイティング・ルーム)
・本の「創作」実験を続けるひとり出版社のパイオニア
逗點文創結社(とうてんぶんそうけっしゃ)/ シャーキー・チェン
・詩生活(しせいかつ)
・多彩な「本」のコンテンツで人を読書生活へ引き込むオンライン書店発メディア
博客來(ボーカーライ)+OKAPI(オカピ)/ ジャネット・ホー+アゾナ・ホー
・荒花(あらはな)
・新活水(しんかっすい)
・出版社と書店の両輪で経験を積み重ねる台北独立書店の開拓者
田園城市(でんえんじょうし)/ ヴィンセント・チェン
・小小書房(しょうしょうしょぼう)
・?樂書店(えつらくしょてん)
・アートと人文の選書で台湾の書店新時代を開いた大型ライフスタイル書店
誠品書店(せいひんしょてん)/ シャイン・リン+エミリー・ヤン
・台湾との差異の中を泳ぎ回って新視点を見つける日本カルチャー専門誌
秋刀魚(さんま)/ エヴァ・チェン+ハンク・チョン
・Mangasick(マンガシック)
・舊香居(ジョウシャンチュー)
・破格の野性でブックデザインを超えて躍動するアーティスト
小子(シャオツー)
・漢聲巷(ハンシェンシャン)
・写真が語る文化を言葉で探究していくインディペンデント写真誌
Voices of Photography(ボイセズ・オブ・フォトグラフィー)/ ウェイイー・リー+リリー・チェン
・nos:books(ノス・ブックス)
・「素人」の感覚を忘れず日本と台湾を越えてアジアのカルチャーをつないでいく
LIP(リップ)/ 田中佑典
・ASIA BOOK MARKET(アジアブックマーケット)
・おわりに / 内沼晋太郎
・私の好きな台北(本書登場人物たちがおすすめする台北のスポット)
・台北マップ

内沼晋太郎[ウチヌマシンタロウ]
著・文・その他

綾女欣伸[アヤメヨシノブ]
著・文・その他

山本佳代子[ヤマモトカヨコ]
写真