戦争まで―歴史を決めた交渉と日本の失敗

個数:
電子版価格 ¥1,430
  • 電書あり

戦争まで―歴史を決めた交渉と日本の失敗

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年12月06日 01時52分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 466,/高さ 19cm
  • 商品コード 9784255009407
  • NDC分類 210.6
  • Cコード C0095

出版社内容情報

かつて日本は、世界から「どちらを選ぶか」と三度、問われた。
より良き道を選べなかったのはなぜか。日本近現代史の最前線。この講義の目的は、みなさんの現在の日々の生活においても、将来的に大人になって社会人になった後においても、
交渉事にぶちあたったとき、なにか、よりよき選択ができるように、相手方の主張、それに対する自らの主張を、
掛け値なしにやりとりできるように、究極の問題例を挙げつつ、シミュレーションしようとしたことにあります。(「講義の終わり」により)

1章 国家が歴史を書くとき、歴史が生まれるとき
2章 「選択」するとき、そこで何が起きているのか ――リットン報告書を読む
3章 軍事同盟とはなにか ――20日間で結ばれた日独伊三国軍事同盟
4章 日本人が戦争を選んだのはなぜか ――日米交渉から見える痕跡と厚み
講義のおわりに 敗戦と憲法

加藤陽子[カトウヨウコ]
加藤陽子(かとう・ようこ)

1960年、埼玉県生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科教授。
1989年、東京大学大学院博士課程修了。山梨大学助教授、スタンフォード大学フーバー研究所訪問研究員などを経て現職。専攻は日本近現代史。
2010年に『それでも、日本人は「戦争」を選んだ』(朝日出版社)で小林秀雄賞受賞。
著書に『模索する1930年代』『徴兵制と近代日本』『戦争の日本近現代史』『戦争の論理』『戦争を読む』『満州事変から日中戦争へ』
『NHK さかのぼり日本史(2)昭和 とめられなかった戦争』『昭和天皇と戦争の世紀』などがある。

内容説明

かつて日本は、世界から「どちらを選ぶか」と三度、問われた。より良き道を選べなかったのはなぜか。日本近現代史の最前線。

目次

1章 国家が歴史を書くとき、歴史が生まれるとき(「歴史のものさし」で世の中をはかってみる;現代の史料を、過去のデータと照らし合わせて読む;歴史が書かれるとき;歴史の始まりとは)
2章 「選択」するとき、そこでなにが起きているのか―リットン報告書を読む(日本が「世界の道」を提示されるとき;選択肢のかたちはどのようにつくられるか;日本が選ぶとき、為政者はなにを考えていたのか)
3章 軍事同盟とはなにか―二〇日間で結ばれた三国軍事同盟(軍事同盟とはなにか;なぜ、ドイツも日本も急いだのか;「バスに乗り遅れる」から結んだのではない)
4章 日本人が戦争に賭けたのはなぜか―日米交渉の厚み(戦争前夜、敵国同士が交渉の席に着く意味は;史料に残る痕跡;日本はなぜアメリカの制裁を予測できなかったのか;国民は、その道のみを教えられ続けてきた;絶望したから開戦したのではない)
終章 講義の終わりに―敗戦と憲法(講義の終わりに)

著者等紹介

加藤陽子[カトウヨウコ]
1960年、埼玉県生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科教授。89年、東京大学大学院博士課程修了。山梨大学助教授、スタンフォード大学フーバー研究所訪問研究員などを経て現職。専攻は日本近現代史。2010年に『それでも、日本人は「戦争」を選んだ』(朝日出版社刊)で小林秀雄賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

岡本

163
中高生に向けた講義との事で丁寧に説明されているが、そもそもが難しく読み進めるのに時間がかかった。資料を細かくイラスト付きで引用する事で分かりやすくなってるのがせめてもの救い。根拠が薄いか引用の無い陰謀説が流行る昨今、本書の様にしっかりと資料を引用して特定の層に人気のある陰謀論を否定するのは実に清々しい。読みやすい本ばかり読むのではなく、時にはしっかりと腰を据えて読む重要性を再認識した一冊。2019/01/29

壮の字

81
日本近代史の歴史学者が中高生への講義という形で易しく、優しく、それでもしっかりと史料に添いながら概説してゆくシリーズ、その弐。まだ引き返せたかもしれない三つの時点、満州事変とリットン報告書、日独伊三国同盟締結、太平洋戦争開戦までの日米交渉における昭和日本の動きをたどる。交渉相手が寛大な提案を示しても一顧だにせず、逆に譲歩を迫られる部分だけに敏感に反応し、自ら「世界の道」の入り口を閉ざしている。鎖国の世から抜け切れていないようでもある。こうしてぺリー来航以来の長い長い攘夷戦争は、敗北に終わるのだなぁ。2017/08/08

榊原 香織

70
中高生対象の講義をまとめたもの。 その割に難しい。 満州国について分析したリットン報告書は膨大な物だったそうで、どちらかというと日本の立場に考慮したものだったらしい。 イメージ違う。 長すぎて皆ちゃんと読んでなかったんじゃないか。 一次資料を読む大切さ。 皆で資料を読み込む、という講義。 出席してた学生たち、ひとかどの人物になっていそう2021/09/26

キムチ27

62
2冊目になったこれは余りにも今を生きている私に取り、判断が生々くなりそう。従い、ネットに載せ辛いなと考えた。現在、俎上に乗っている安保関連法案や集団自衛のあり様、そこに連なってくる米新体制との関係。個人的理想論は無論、国際法規的に言っても相当な思考すら危うくなりかねない。保護主義に向かう国、漁夫の利を得んとする国、国家存亡に関わる死命を感じている国、民族的あるいは宗教原理で語ること自体、極めて困難な国・・世界はパラドックスに満ちすぎていて読後、重苦しさに包まれてしまった。2016/11/21

ころりんぱ

53
うーんと唸ってしまう。中高生相手の講義がベースなのですごく読みやすいが内容はとても重要で深い。ちょちょっと感想を書けるほど私は吸収できていないのが残念なのだけど。リットン調査書、三国同盟、日米交渉、3つの選択、大切な分岐点で、日本が取り得た他の選択肢をあげて当時の国内外の状況も説明されて…でも日本が辿った道を知っていて。教科書で歴史を勉強するというのとは違う、厚みのある講義に圧倒される。ただの年表的な史実でなく、こういう内容こそ学校で学びたい、学べなきゃいけないと思う。同じ間違いならしない方がいい。2016/10/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11113170

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。