TEDブックス<br> テロリストの息子

個数:
電子版価格
¥1,100
  • 電書あり

TEDブックス
テロリストの息子

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2024年07月22日 08時20分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 185p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784255008950
  • NDC分類 316.4
  • Cコード C0095

出版社内容情報

憎しみの中に育っても、「選択」することはできる。

ジハードを唱えるようになった父親が殺人を犯したとき、その息子はまだ7歳だった。
1993年、投獄中の父はNY世界貿易センターの爆破に手を染める。家族を襲う、迫害と差別と分裂の危機。
しかし、狂気と憎悪が連鎖するテロリズムの道を、彼は選ばなかった。
共感と平和と非暴力の道を自ら選択した、テロリストの息子の実話。
ヤングアダルト読者に特に訴える一般書に贈られる全米図書館協会アレックス賞受賞。
訳者は『ヒップな生活革命』の佐久間裕美子。

Small books, big ideas. 未来のビジョンを語る。
人気のTEDトークをもとにした「TEDブックス」シリーズ日本版、創刊!!

「僕はこれまでの人生を、何が父をテロリズムに惹きつけたのかを理解しようとすることに費やしてきた。
そして、自分の体の中に父と同じ血が流れているという事実と格闘してきた。僕が自分のストーリーを語るのは、
希望を与えるような、誰かのためになるようなことをしたいからだ。それは狂信の炎の中で育てられながらも、
代わりに非暴力を受け入れた若者の姿を見せること。自分を崇高な人物として描くことはできないけれど、
僕ら一人ひとりの人生にはテーマがあって、僕の場合はこれまでのところ、たとえば、こんなところだ。
誰にだって選択する権利がある。憎むことを教え込まれても、寛容な生き方を選択することはできる。
共感の道を選ぶことはできるのだ」(本書より)

内容説明

ジハードを唱えるようになった父親が殺人を犯したとき、その息子はまだ7歳だった。1993年、投獄中の父はNY世界貿易センターの爆破に手を染める。家族を襲う、迫害と差別と分裂の危機。しかし、狂気と憎悪が連鎖するテロニズムの道を、彼は選ばなかった。共感と平和と非暴力の道を自ら選択した、テロリストの息子の実話。全米図書館協会アレックス賞受賞。

目次

1990年11月5日、ニュージャージー州クリフサイドパーク
現在
1981年、ペンシルベニア州ピッツバーグ
1986年、ニュージャージー州ジャージーシティ
1991年1月、ニューヨーク市ライカーズ島刑務所
1991年12月21日、マンハッタン・ニューヨーク州高位裁判所
1993年2月26日、ニュージャージー州ジャージーシティ
1996年4月、テネシー州メンフィス
1998年12月、エジプト・アレクサンドリア
1999年7月、ペンシルベニア州フィラデルフィア
エピローグ

著者等紹介

エブラヒム,ザック[エブラヒム,ザック] [Ebrahim,Zak]
1983年3月24日アメリカ・ペンシルベニア州ピッツバーグ生まれ。工業エンジニアのエジプト人を父に、学校教師のアメリカ人を母に持つ。7歳のとき、父親がユダヤ防衛同盟の創設者であるラビ・メイル・カハネを銃撃し殺害した。父、エル・サイード・ノサイルは服役中に1993年の世界貿易センターの爆破を仲間とともに共同で計画する。現在、テロリズムに反対する立場をとり、平和と非暴力のメッセージを拡散させることに自分の人生を捧げている

ジャイルズ,ジェフ[ジャイルズ,ジェフ] [Giles,Jeff]
ニューヨーク在住のジャーナリスト・小説家。『エンターテインメント・ウィークリー』誌では主席編集者を務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

たまご

22
相手を,個人ではなくある立場をとっている集団に属したもの,と顔をみえなくとらえると,簡単に2項対立(敵か味方か,好きか嫌いか,自分にとって善か悪か)しやすくなってしまう.信じたものに裏切られ疲弊し単純な2項対立に考えを単純化してしまう,その前に友人や他人からのちょっとした共感がある・それに気づけると,作者のように憎しみを選ばないという選択をすることができるようになるのだろう.テーマパークのバイトもきっと気づくきっかけになったと思う.実はちょっとしたことで,憎しみの連鎖は断つことができると信じたい.2016/03/06

ののまる

21
昨日の朝のニュースで著者が来日して講演したりインタビューに答えているのを観て、あ!いまこれ読んでる!と。なのでイメージしやすかった。親&継父からの虐待だけでも脱するのは大変なのに、しかもテロリストだったら、米社会で生きるのは更に過酷な…。でも著者が言うように、そこからサバイブした人だけにしかできない、伝えられないことがあり、それが使命だと確信することで、自分の人生を親から取り戻すことができると思う。虐待もそうだけど、苦しみ続けても負の連鎖を断ち切ったことだけでも十分、次世代を救った素晴らしい存在だ。2016/02/19

Koichiro Minematsu

19
テロリストの所業だけを考えると、非道極まりないことだが、息子である著者の訴えから、何故テロは繰り返し行われるのか考えると、宗教の違い、思想の違いだけではない、言い表せないと感じる。人の弱みにつけこみ、憎しみに転換させるマインドコントロール。人としての尊厳が踏みにじめられると、人は悪と化する。しかし、著者はその負の連鎖を自ら断ち切った勇気をもっている。2016/02/21

アイアイ

18
7歳の時に父が最初のテロによる殺人を犯す。残された家族は汚点を背負い、出発のたびに前より悪い生活と貧困に苦しむ。 まだ少年だった著者は父の無罪を信じていたが成長と共に、息が絶える最後の瞬間までテロリストである父の異常さに気付く。 イスラム教徒からは感謝され寄付金で生活が出来たが、それはすぐに尽きた。学校での激しいイジメと母の再婚で義父から暴力を受ける 18歳までの葛藤の物語。世界はテロリストの血縁者を恐れている、人間性を見ようともしないで。▽図書館2016/06/27

だろうぇい

14
作者はFBI捜査員から「あなたたちが彼(父)の道に続くのではないかと恐れていた」と告げられる。その逆の道を選んだ理由と過程が気になり手に取った。父がテロリストに至った過程(冤罪、怪我、原理主義への没頭)、テロ後の家族(恐怖と偏見にされされ、時に逆に英雄視される)が子どもの視点から語られるのが貴重。テロリズムを否定した理由として、青年期での多様な人との出会いが挙げられているが、そこで新たな価値観を受け入れられるかどうかには、そこまでの体験や将来の展望が大きく左右するだろうな、と感じた。2016/04/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10096935
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。