ロンドンの劇場文化―英国近代演劇史

個数:

ロンドンの劇場文化―英国近代演劇史

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお受けできません)

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 234p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784255008271
  • NDC分類 772.33

目次

1章 ライシアム劇場―革新的なシェイクスピア上演
2章 セント・ジェイムズ劇場―取り壊された、ウェルメイド・プレイの殿堂
3章 ドゥルリー・レーン劇場―ダン・リーノとパントマイム・ワンダーランド
4章 ロイヤル・コート劇場―国立劇場への想像力
5章 ロンドン・コリシーアム―ミュージック・ホールから劇場へ
6章 ロイヤル・オペラ・ハウス―バレエ・リュスと英国ロイヤル・バレエの誕生
7章 オールド・ヴィック劇場―女性支配人が育てたコミュニティと芸術舞台

著者紹介

藤岡阿由未[フジオカアユミ]
椙山女学園大学准教授(演劇学・英国近代演劇研究)。明治大学大学院文学研究科演劇学専攻博士後期課程単位取得満期退学、New York University M.A.(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)