外国語教育〈7〉グローカル時代の外国語教育

個数:
  • ポイントキャンペーン

外国語教育〈7〉グローカル時代の外国語教育

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月08日 13時15分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B5判/ページ数 214p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784255008158
  • NDC分類 807

内容説明

日本でこの百年来外国語として学習されてきたヨーロッパの言語、英語、ドイツ語、フランス語、スペイン語について、言語政策、指導理論、現場・教室が遭遇している諸課題を取り上げそれぞれの言語の立場から論じた。二〇一一年秋の国際シンポジウムでの発表を土台にした論考集。それらを補う形で、現在、将来にわたる最重要課題である外国語教育養成の取り組み・改革を、ドイツの教員養成を一例として紹介、収録した。

目次

序論 21世紀の課題(外国語教育の日本と諸外国における最近の動向;「コミュニケーション能力育成」と外国語教育における社会文化の扱い―「複言語教育」についての考察)
第1部 言語政策と外国語教育(多言語主義とヨーロッパ共同体;理解を確実にするために―教室で、そして異文化間で英語教育におけるBritish Councilの役割 ほか)
第2部 教授法/理論上の考察(リンガ・フランカによる交流において「グローバル」をいかに「ローカライズ」するか―英語教育の視点から;複言語主義の議論の中の外国語としてのドイツ語―授業への挑戦 ほか)
第3部 現場での課題(真正のニュース教材と取り組む学生に役立つこと;語彙アプローチ(Lexical Approach)を用いた指導方法―日本の英語教師のための「指導方法」 ほか)

著者紹介

吉島茂[ヨシジマシゲル] [Stephen,Ryan]
東京大学名誉教授。主な研究分野は第二言語習得論

Stephen,Ryan[STEPHEN,RYAN]
専修大学教授。主な研究分野はドイツ語学、言語習得論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)