眩い闇―宗教的想像力

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 452p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784255007243
  • NDC分類 931
  • Cコード C0082

内容説明

ヴォーンが、ひたすら希う「眩い闇」は、ディオニュシオスの闇である。神は、超自然の光である。光の横溢を前にして、魂は、目が眩む。盲目の抱擁の裡に、魂は、神と合一する。

目次

第1節 「一粒の真砂」
第2節 「心の貧しき人々」
第3節 「不死の麦」
第4節 純白き想念
第5節 石の火花
第6節 歌う光
第7節 眩い闇

著者紹介

奥田裕子[オクダヒロコ]
1940年生まれ。東京都立大学大学院人文科研究科修士課程修了。英文学専攻。静岡大学助教授、静岡大学教授を経て、静岡大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)