チェルノブイリ―家族の帰る場所

個数:
電子版価格 ¥847
  • 電書あり

チェルノブイリ―家族の帰る場所

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年07月07日 13時59分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 191p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784255006383
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C0036

著者等紹介

サンチェス,フランシスコ[サンチェス,フランシスコ][S´anchez,Francisco]
1962年、バルセロナ生まれ

ブストス,ナターシャ[ブストス,ナターシャ][Bustos,Natacha]
1981年、イビサ生まれ。スペインのマラガで育つ。グラナダ大学の美術学部を卒業後、一年を過ごした北京で筆と墨の使い方を研究し、現在のスタイルを確立する。スペインに戻った後は広告代理店でグラフィックデザイナーとして働き、現在は(フリーの)イラストレーター。マラガ・クレア2008のコミック青少年賞でベスト・ドローイング賞、同年のサンタ・ポーラコミック・コンペティションで銀賞などを受賞。サンティアゴ・ナバーロの短編にもとづく『彼女たちは特別(Ellas son ´unicas)』(ノバンダ・バルセロナ社、2009年)でコミックの作画家としてプロデビューする

管啓次郎[スガケイジロウ]
1958年生まれ/詩人、比較文学者、明治大学教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

インボイス制度そっくりおじさん・寺

11
チェルノブイリ事件の漫画。事件当時の雰囲気がわかる。しかし今後十万年も放射線を発し続ける核燃料が原子炉にまだ……2012/09/30

イッセイ

9
スペイン人作家による漫画。左から右への展開に慣れないのは、ほんの数ページ。松本大洋のような作風で、チェルノブイリが爆発した時の表現は衝撃的だ。しんしんと胸に沁みる。漫画は読書メーターに記録してないんだけど、禁を破って(S)2012/03/13

フロム

8
HBOの傑作ドラマ「チェルノブイリ」に触発されて再読したのだが、ドラマやイギリスのドキュメンタリーはあんなに凄いのに漫画だと微妙とまではいかないが「事実感」と言うかリアリティが鈍く映るのは事実をフィクションに置き換える過程でフィルターがかかってしまう点にある。事実を誇張したら嘘臭くなるし、フラットに提示したら衝撃感が薄れるし、漫画の絵は記号なのでどうしても生々しさが薄れるのかもしれない。映画や演劇がその点では役者の演技や劇伴によって生々しさを加味する事が出来るので変な作り物感が薄れるのだと思うがどうだろう2019/10/01

ひま

8
普段は漫画を登録しないけど。チェルノブイリと福島の事故原因と規模は違うけど、それでも、万が一の事故が起きた後に、その街に二度と戻れないような施設を作るべきじゃないと思う。でも、廃炉も核燃料管理にも時間と危険がつきまとう。それにしても、日本にこんなに原発があったとは。いつの間に。2012/06/11

奈良坂葵

7
チェルノブイリ原発事故のことを知ることは、今後の日本を知ることにもなる。漫画と文で読みやすいし、あの時の今の様子が迫ってくる。帰還者サマショールの老夫婦の姿とその家族に考えさせられる。2013/11/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4684888

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。