暇と退屈の倫理学

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 362,/高さ 19cm
  • 商品コード 9784255006130
  • NDC分類 113
  • Cコード C0095

出版社内容情報

朝日新聞やニューヨークタイムズのインタビューで注目を浴びる気鋭のスピノザ研究者が、「3.11以降の生き方」を問う。潑剌と、明るく、根拠をもって「よりよい社会」を目指す論客のデビュー。

何をしてもいいのに、何もすることがない。だから、没頭したい、打ち込みたい……。でも、ほんとうに大切なのは、自分らしく、自分だけの生き方のルールを見つけること。

──[序章「好きなこと」とは何か?より抜粋]
資本主義の全面展開によって、少なくとも先進国の人々は裕福になった。そして暇を得た。だが、暇を得た人々は、その暇をどう使ってよいのか分からない。[…] 我々は暇のなかでいかに生きるべきか、退屈とどう向き合うべきか。 


[目次]
まえがき
序章
第一章
第二章
第三章
第四章
第五章
第六章
第七章
結論
あとがき



[著者紹介]
國分功一郎(こくぶん・こういちろう)
一九七四年生まれ。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。博士(学術)。高崎経済大学経済学部准教授。専攻は哲学。著書に『スピノ ザの方法』(みすず書房)、訳書に、デリダ『マルクスと息子たち』 (岩波書店)、コールブルック『ジル・ドゥルーズ』(青土社)、ドゥルーズ『カントの批判哲学』(ちくま学芸文庫)、共訳として、デリダ『そのたびごとにただ一つ、世界の終焉』(岩波書店)、フーコー『フーコー・コレクション4』(ちくま学芸文庫)、ガタリ『アンチ・オイディプス草稿』(みすず書房)がある。
ブログ:http://ameblo.jp/philosophysells/
ツイッター:http://twitter.com/lethal_notion

目次

序章 「好きなこと」とは何か?
第1章 暇と退屈の原理論―ウサギ狩りに行く人は本当は何が欲しいのか?
第2章 暇と退屈の系譜学―人間はいつから退屈しているのか?
第3章 暇と退屈の経済史―なぜ“ひまじん”が尊敬されてきたのか?
第4章 暇と退屈の疎外論―贅沢とは何か?
第5章 暇と退屈の哲学―そもそも退屈とは何か?
第6章 暇と退屈の人間学―トカゲの世界をのぞくことは可能か?
第7章 暇と退屈の倫理学―決断することは人間の証しか?

著者等紹介

國分功一郎[コクブンコウイチロウ]
1974年生まれ。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。博士(学術)。高崎経済大学経済学部准教授。専攻は哲学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

zirou1984

37
再読。1章の原理論こそやや粗雑さを感じたが、以降は総じて面白い。難解な用語を使うことなく身近な感覚を題材とし、それを多様な視点から分析しつつ問いの内容を深めていく。本書では暇と退屈の原因を人間の環境に対する高度な適応能力に由来するものとして結論を出しているが、それ自体はさして重要なことではない。スピノザやマルクス、ハイデガーといった哲学者のみならず経済学や生物学からも援用しつつ、そこにあるのはあくまで「問い続けること」そのものの面白さだ。思考を生成し、生活を変化させていく―それこそが哲学の実践なのである。2016/05/08

アナクマ

31
祝、文庫化。単行本挫折からのリトライ。◉序章_ゆとりを得た人々は退屈とどう向い合うべきか、という問い。「暇が搾取されている」「文化産業に[好きなこと]を与えてもらっているのだ」という。へえ、と思うけど、まあいい。ハラリが瞑想を奨める理由や、小坂井が言う責任の虚構性、未来の未知性は生きるということの最も本質をなす要素(池澤)、また、鷲田の待つ時間の不思議などを懐中に忍ばせて、本書に分け入ってみようと思います(バカはバカなりに)。なんだか、赤塚不二夫や所ジョージあたりが一言で回答してるんじゃないかと思いつつ。2022/01/15

アナクマ

27
1章_「ウサギ狩りに行く人はウサギが欲しいのではない」の分かり易い例え。その一方で「人は快楽を求めていないという事実」「退屈する人間は負荷を求める」など、すんなりとは飲み込めない断定もありつつ話はズンズン進む。◉2章_人類はいつから退屈になったのか。それを、おお、定住革命に求める。温帯森林の拡大が、長期にわたって適応しきっていた/刺激に満ちた遊動生活を断念させたという主張を引き、よって定住促進=暇の誕生とあいなったのであると。「暇のある動物、人間。素晴らしいじゃないか」とかなんとか、ミギーも言ってたな。→2022/01/19

ヨクト

26
「なんとなく退屈だ」誰もが感じたことがあるだろう。それも頻繁に。この感情について、いろんな角度から迫った良書。過去の哲学者の思想検討や人間の歴史、生物と人間の時間や世界の違いに至るまで幅広い。それにそれぞれの考察が面白い。退屈とはよく思うけれど、退屈って何故か説明できないよね、霧がかかったようなその感情を本書は説明してくれ、我々が退屈とどう向き合っていくべきなのかを提示してくれる。退屈の捉え方が変わるだけで、退屈はカタチを変える。2013/06/10

白義

25
一読して「あ、これすげぇ」と呟いてしまった。退屈という極めてありふれた気分一つを中心に人類学、経済学、倫理学まで貫くすさまじく射程の広い思想が展開されている。パスカルやマルクスをたどり、そして気分の哲学の巨匠ハイデッガーと格闘し、ユクスキュルの環世界論の導入で彼の決断主義と人間中心主義をいなすところはとてつもない手腕を感じる。結論自体は、この本を読んだあなたはもう思考を始めているという単純なものだ。だが、これは國分功一郎の思想的根幹をあっさりと示唆しているように思う2011/12/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4309152

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。