ゆるく、自由に、そして有意義に―ストレスフリー・ツイッター術

個数:
電子版価格 ¥925
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

ゆるく、自由に、そして有意義に―ストレスフリー・ツイッター術

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月09日 22時50分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 290,/高さ 19cm
  • 商品コード 9784255005539
  • NDC分類 547.48

目次

初級編(ツイッターは異次元世界でのパーティー;ツイッターデビュー)
応用編(ツイッターをクリエイティブに使う;ツイッターの迷信と真実;ストレスなしのツイッター)

著者紹介

渡辺由佳里[ワタナベユカリ]
兵庫県生まれ。京都大学医療技術短期大学部卒、同大学部専攻科修了。卒業後、助産婦として京都大学医学部付属病院に勤務。その後、英国で英語教師養成学校のコースを最優秀で修了するも英語教師の職が見つからず日本語学校に勤務。広告業、外資系医療品製造会社など、さまざまな職業を経験。2001年に「ノーティアーズ」で小説新潮長篇新人賞を受賞。短篇、現代詩、エッセイなどを発表。英国、香港、スイスに滞在経験があり、1995年より米国移住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
糸井重里さん推薦!!
いい家庭教師と、ゆったり話しているような本です。
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

■──ツイッターとは「異次元世界でのパーティ」。社交のための最低限のマナーを身に付ければ、素晴らしい会話や、有意義な情報にめぐり合い、貴重な人脈を築くことができる。

■──本や映画の感想を語り合える、仕事や子育ての悩みを相談できる、病気のときに励まし合える、飲み屋にいるようにして話せる、夕食の献立のアイデアをもらえる、思ってもみなかった人と知り合うことができる、働きたい会社に勤めることができる……ツイッターは「ローテク」の一般人でも楽しめる、コミュニケーションのツール(手段)。

■――フォロワー数を増やすのでもなく、ビジネス利用に閉じ込めるのでもなく、目の前の人生を楽しむためにも、ツイッターを使って「ゆるく、自由に、そして有意義に」つながりませんか?

■──「ツイッターには、そもそもこれが正しいという使い方はありません。せっかくツイッターという自由で新しいメディアを使うのですから、これまで体験しなかった世界に一歩足を踏み出し、そこで自分なりの使い方を編み出してはいかがでしょう?」――本文より

渡辺由佳里(わたなべ・ゆかり)兵庫県生まれ。京都大学医療技術短期大学部卒、同大学部専攻科修了。2001年に「ノー ティアーズ」で小説新潮長篇新人賞受賞(新潮社刊)。訳書に『妄想に取り憑かれる人々』(日経BP社)『看護診断にもとづく在宅看護ケアプラン』(医学書院)など。英国、香港、スイスに滞在経験があり、1995年より米国移住。地元でのボランティアや各種委員会に参加し、市民グループを運営する。自身のブログにて洋書を中心としたレビュー、業界、文芸賞、電子書籍リーダーなどの情報提供、日本に住む子供向けの読書教育プログラム、そのほか書籍関係のマーケティングなどを行う。最近の寄稿/執筆/連載に『今日から英語でTwitter』(寄稿、語研)「多聴多読マガジン」(コスモピア)『月刊アルコムワールド』(アルク)など。
洋書ファンクラブ:http://watanabeyukari.weblogs.jp/yousho/
洋書ニュース:http://watanabeyukari.weblogs.jp/youshonews/
洋書ファンクラブ ジュニア:http://watanabeyukari.weblogs.jp/youshojr/
ツイッターアカウント:@YukariWatanabe