カルチャー・スタディーズ<br> 文化に投資する時代

電子版価格 ¥982
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

カルチャー・スタディーズ
文化に投資する時代

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 251p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784255004594
  • NDC分類 770.9

内容説明

広告会社の営業マンがイベントを証券化する。映画狂の銀行マンが映画に投資する。エンタメと金融―異なる世界をまたにかけ「日本初」を成し遂げた2人のビジネスマン。アイデアに満ちた仕事の楽しさを伝える。

目次

第1部 広告マンがエンタテインメントを証券化する(日本初、イベントを証券化;金融とエンタテインメントは水と油?;金融ノウハウがビジネスを変える;プロデューサーとしての仕事)
第2部 銀行マンが映画に投資する(銀行から映画の世界へ;前代未聞の映画投資;映画ビジネスを考え抜く;映画業界の中から)

著者紹介

亀田卓[カメダタカシ]
広告会社入社後13年間、テレビ関連業務に携わる。その後、エンタテインメントと金融を融合させたビジネスを志し、2001年(株)東京ファイナンス・アンド・エンタテインメント代表取締役就任。「日本初のイベント証券化」等を次々と手掛けた。経済産業省企画の『プロデューサー・カリキュラム』執筆委員。現在は広告会社で映画プロデューサーを務めるかたわら、デジタルハリウッド大学大学院教授として、後進の指導にもあたっている

寺嶋博礼[テラシマヒロノリ]
大学卒業後、日本債券信用銀行(現・あおぞら銀行)に入行。資本市場業務やデリバティブ業務を経験後、ベンチャーキャピタル子会社あおぞらインベストメントに出向し、プロジェクト投資部長として、コンテンツおよび店舗投資ファンド業務を担当。退職後、ロハスインターナショナル専務取締役COOとして、「スタジオ・ヨギー」ブランドにてヨガ・ビジネスを展開し、ヨガ・ブームを仕掛ける。現在、アスミック・エースエンタテインメント執行役員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

「エンタメ」×「金融」で、日本はもっと面白くなる!
金融を知らなかった広告マンが、ベイビーフェイスの来日をはじめ、様々なエンタテインメント・イベントを、
「証券化」してしまう。映画狂の銀行マンが、数々の映画に投資し、大ヒットに導く。エンタメと金融――まったく異なる世界をまたにかけ、「日本初」を成し遂げた2人のビジネスマン。新たなビジネスの胎動と、アイデアに満ちた仕事の楽しさを伝える。ビジネスヒント満載、すべてのサラリーマンに贈る体験型の一冊。

◆FROGMAN(蛙男商会)による「秘密結社 鷹の爪団」のイラストで本をパッケージ。

■「まえがき」より

「新しいことは、天才が考えることだ」
「才能のあるヤツだけが、たくさんの人を喜ばせることができる」

もし、そう思っていたら、大間違いです。
誰にだって「新しいこと」は考えられます。ただ、無から有を生み出すのは、とても難しいこと。だから、「普通の人間」が新しい発想をする際にはいくつかのコツが要ります。その一つは――私が偶然行なうことになった――「掛け合わせ」です。