文章の品格

電子版価格 ¥907
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

文章の品格

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 106p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784255004495
  • NDC分類 816

内容説明

ワンランク上の文章上達術。説得力ある文章を書くコツ。文章を仕上げる前の必須作業。映画の名場面を見るように古典を読む。品格ある文章を書く最高のお手本となる一冊。

目次

1章 文章の品格とは?(ワンランク上の文章上達術;文章の基本は「日ごろの話し言葉」にある;品格のある文章とは?;世阿弥の「離見の見」にみる極意の表現法;「話し言葉」の品格;品格ある文章を書くために、敬語の基本が必要;子どもの頃から身についた言語感覚は変えにくい;よい文章を書くためには話し言葉を洗練せよ!)
2章 極意の文章術(プロの文章はどこが違うか?;独りよがりの文章は誰も読まない;読まれる文章の秘密『イギリスはおいしい』が多くの人に読まれた理由;説得力のある文章を書くコツ;要領のよい文章の構成とは?;推敲はコンピュータが最適;文章を仕上げる前の必須作業とは?)
3章 最高のお手本(お手本を見つけ、文章の呼吸を知る;好きな作家の作品を筆写すると、文章の秘義がわかる私の文章修業法;仮名、漢字の使い分けを体得するには?;句読点のつけ方のヒント;改行の正しいしかた;文章表現の原点は、裸の自分を知るところにある)
4章 古典は感動の宝庫(古典はとにかくおもしろい;映画の名場面を見るように古典を読む;古典こそ、まさに「生きた文学」;古典を味わう最良の方法とは?;古典は美しい日本語の宝庫;古典を読むと、豊かな表現力が身につく)

著者紹介

林望[ハヤシノゾム]
1949年東京生。作家・書誌学者。慶應義塾大学文学部卒、同大学院博士課程修了。学位、文学修士。ケンブリッジ大学客員教授、東京藝術大学助教授等を歴任。専門は日本書誌学・国文学。『イギリスはおいしい』で91年日本エッセイスト・クラブ賞、『ケンブリッジ大学所蔵和漢古書総合目録』で92年国際交流奨励賞、『林望のイギリス観察辞典』で93年講談社エッセイ賞を受賞。学術論文、エッセイ、小説の他、料理、能、自動車、古典文学等幅広く執筆し著書多数。また勝又晃、田代和久氏らに師事して声楽を学び、バリトン歌手としても各地で活動する傍ら、新しい日本歌曲の創造のために、佐藤眞、伊藤康英、野平一郎、上田真樹等の作曲家に歌曲のための詩を提供、合唱曲、校歌、社歌、市歌などの作詩も多く手がけている。また観世流能楽の実技と理論を津村禮次郎師に学び、新作能『仲麻呂』『黄金桜』等を創作。国立能楽堂ほか各流能楽公演に際しての解説講演も多い(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)