哲学の舞台 (増補改訂版)

個数:
  • ポイントキャンペーン

哲学の舞台 (増補改訂版)

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月03日 07時35分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 287p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784255003900
  • NDC分類 135.5

目次

第1部(哲学の舞台;狂気と社会;性的なるものをめぐって―『知への意志』を読む;“性”と権力;政治の分析哲学―西洋世界における哲学者と権力)
第2部(快活な知;襞にそって襞を―フーコーの肖像のために;見ること、身体―フーコーの『マネ論』をめぐって)
今、フーコーを読むとは―解題に代えて

著者紹介

フーコー,ミシェル[フーコー,ミシェル][Foucault,Michel]
1926年フランス、ポワティエ生まれ。高等師範学校で哲学を専攻。1970年から84年の死に至るまで、コレージュ・ド・フランス教授として「思考諸体系の歴史」を講ずる

渡辺守章[ワタナベモリアキ]
1933年東京生まれ。東京大学名誉教授。放送大学名誉教授。専攻フランス文学・表象文化論。演出家。著書にクローデル『繻子の靴』(岩波文庫、毎日出版文化賞他を受賞)、ロラン・バルト『ラシーヌ論』(みすず書房、読売文学賞受賞)など。演劇企画「空中庭園」主宰(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

世界で唯一のフーコーとの共著。1978年のオリジナル版に新規論文三篇を付し、巻末に世界のフーコー研究をリードする石田英敬(東京大学大学院情報学環教授)と渡辺守章による長篇対談「今、フーコーを読むとは」を収録。フーコー没後22年、日本が世界に誇る知的資産の増補改訂版。

■浅田彰氏の推薦
「演劇的なるものと権力的なるものの交錯を読み解く対話が、それ自体、演劇的な力をもって立ち現れる。自らを匿名化しようとしたフランスの哲学者がそれにもかかわらず捨てきれなかったフランボワイヤントな言葉に、フランス人よりも華麗なフランス語を操る日本の演出家の言葉が拮抗する。ミシェル・フーコーと渡邊守章の遭遇は、そういう稀有な出来事だった。フーコーを読み解く者は今も世界中にいる。だが、このようなフーコーとの対話は、当時も今もほとんど類例がない。この貴重な記録は、変貌の途上にあったフーコーの実像を示す興味深い内容に加え、自らを焼き尽くさんばかりの言葉の力によって、現代の読者をも圧倒するだろう。」

■目次

第 I 部(1978年の旧版に相当)
哲学の舞台
ミシェル・フーコー+渡辺守章
狂気と社会
ミシェル・フーコー
性的なるものをめぐって――『知への意志』を読む
渡辺守章
〈性〉と権力
ミシェル・フーコー
政治の分析哲学――西洋世界における哲学者と権力
ミシェル・フーコー

第 II 部(2007年、今回の増補部分)
快活な知
渡辺守章
襞にそって襞を――フーコーの肖像のために
渡辺守章
見ること、身体――フーコーの『マネ論』をめぐって
渡辺守章

今、フーコーを読むとは――解題に代えて
石田英敬+渡辺守章

■著者紹介
ミシェル・フーコー Michel Foucault
1926年フランス、ポワティエ生まれ。高等師範学校で哲学を専攻。1970年から84年の死に至るまで、コレージュ・ド・フランス教授として「思考諸体系の歴史」を講ずる。著書に『臨床医学の誕生』(邦訳みすず書房)『狂気の歴史』『言葉と物』(邦訳新潮社)『知の考古学』『言語表現の秩序』(邦訳河出書房新社)『監獄の誕生』『性の歴史』(邦訳新潮社)などがある。歿後、序文やインタビューを網羅する『言ったことと書かれたこと』全四巻(邦題「ミシェル・フーコー思考集成」全十巻、後に「フーコー・コレクション」全六巻に再編集)がまとめられた他、『マネの絵画』が刊行され、「コレージュ・ド・フランス講義録」(邦題「ミシェル・フーコー講義集成」)が刊行中(いずれも邦訳筑摩書房)。

渡辺守章 Moriaki Watanabe
1933年東京生まれ。東京大学名誉教授。放送大学名誉教授。専攻フランス文学・表象文化論。演出家。著書に『ポール・クローデル』『虚構の身体』(中央公論社)、『演劇とは何か』(講談社)、『パリ感覚』(岩波書店)など。訳書にラシーヌ『フェードル アンドロマック』(岩波文庫)、フーコー『性の歴史I――知への意志』(新潮社)、クローデル『繻子の靴』(岩波文庫、毎日出版文化賞他を受賞)、ロラン・バルト『ラシーヌ論』(みすず書房、読売文学賞受賞)など。演出作品にラシーヌ『悲劇フェードル』、クローデル『真昼に分かつ』、ジュネ『女中たち』など。演劇企画「空中庭園」主宰。