• ポイントキャンペーン

20世紀

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 526p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784255003887
  • NDC分類 953

内容説明

知られざる未来予測のチャンピオン、120年ぶりに日本に登場。奇想天外な空中船が飛び交う近未来のパリ。人々は家にいながら世界の情報にリンクし、株を買いあさっては一喜一憂。国家のボーダーはなくなって、10年に1度の革命に歓喜する!『地底旅行』『八十日間世界一周』のジュール・ヴェルヌと当時の人気を二分したフランスの奇才、アルベール・ロビダが21世紀に甦る。ロビダ自身による300点を超える挿画をふくめ、原典初版本(1883年刊)を完全復刻。

著者紹介

ロビダ,アルベール[ロビダ,アルベール][Robida,Albert]
1848年、フランスの小都市コンピエーニュ生まれ。諷刺・挿絵画家、小説家。1880年に創刊された週刊諷刺新聞『ラ・カリカチュール』の編集長として活躍。1880年代刊行の「20世紀3部作」(『20世紀』『20世紀の戦争』『20世紀、電気生活』)により、ジュール・ヴェルヌと並ぶ近未来小説の先駆者と評される。1926年没。生涯に描いた絵の数は6万点以上、自筆挿絵入り著書は60冊にのぼる

朝比奈弘治[アサヒナコウジ]
1951年、東京生まれ。東京大学大学院人文科学研究科博士課程中退。明治学院大学教授。専攻はフランス文学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

知られざる未来予測のチャンピオン、120年ぶりに日本に上陸!
奇想天外な空中船が飛び交う近未来のパリ。人々は家にいながら世界の情報にリンクし、株を買いあさっては一喜一憂。国家のボーダーはなくなって、10年に1度の革命に歓喜する!

フランス19世紀の末、日本がまだ明治時代だったころに、そんな未来世界を想像し予想した作家がいる。『地底旅行』『八十日間世界一周』のジュール・ヴェルヌと当時の人気を二分したフランスの奇才、アルベール・ロビダ。彼の幻の空想近未来小説が120年ぶりに新訳で登場。訳者は『地底旅行』、レーモン・クノー『文体練習』(小社刊)などを手がけた、朝比奈弘治氏。ロビダ自身による300点を超える挿画は眺めるだけでも楽しい。原典初版本(1883年刊)を完全復刻した美しい造本。

■アルベール・ロビダ『20世紀』に酔いしれる!
19世紀には、もうひとつのSF全盛期があった! ターゲットは20世紀、その中心地はフランス。まるでシャンソンのように小粋で、ほろ苦いフランスSFにあって、ジュール・ヴェルヌと覇を競った諷刺まんが家アルベール・ロビダの描く「なつかしの20世紀」に心ゆくまで酔いしれる!
── 荒俣宏氏

【著者紹介】
1848年、フランスの小都市コンピエーニュ生まれ。諷刺・挿絵画家、小説家。1880年に創刊された週刊諷刺新聞『ラ・カリカチュール』の編集長として活躍。1880年代刊行の「20世紀3部作」(『20世紀』『20世紀の戦争』『20世紀、電気生活』)により、ジュール・ヴェルヌと並ぶ近未来小説の先駆者と評される。1926年没。生涯に描いた絵の数は6万点以上、自筆挿絵入り著書は60冊にのぼる。

【訳者紹介】
1951年、東京生まれ。東京大学大学院人文科学研究科博士課程中退。現在、明治学院大学教授。専攻はフランス文学。著書に、『フローベール「サラムボー」を読む――小説・物語・テクスト』(水声社、1997年)、主な訳書に、レーモン・クノー『文体練習』(朝日出版社、1996年)、ジュール・ヴェルヌ『地底旅行』(岩波文庫、1997年)、エミール・ゾラ『パリの胃袋』(藤原書店、2003年)などがある。