• ポイントキャンペーン

葡萄酒色の海―フォークナー研究逍遙遊

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 430p/高さ 23cm
  • 商品コード 9784255003825
  • NDC分類 930.28

目次

『皐月祭』とフォークナーの“厭世観”をめぐつて(その1)―A.E.ハウスマン、『ルバイヤート』、そしてマラルメを中心に
『皐月祭』とフォークナーの“厭世観”をめぐつて(その2)―ギャルウィン卿の“人間観”、『ジャーゲン』、そして“世紀末文学”と“時代思潮”を中心に
若き日のフォークナーとA.C.スウィンバーン―奔放な想像力と饒舌性と官能性
若き日のフォークナーとアルチュール・ランボーについて―走り書き的覚え書
“文学研究(Study of Literature)”と“文学批評(Literary Criticism)”の狭間で―一つの大まかな覚え書
葡萄酒色の海―巴克斯(Β´ακχοζ)の戯れ
秋山照男、中島時哉、両学兄を偲ぶ―“在りし日のわが英米文学者の肖像”

著者紹介

齋藤久[サイトウヒサシ]
1940年(昭和15年)2月、旧・樺太(現・ロシア聯邦共和国サハリン州)に生まれる。1968年(昭和43年)3月、中央大学大学院文学研究科英文学専攻博士課程(単位取得)満期退学。英米文学(特にフォークナー)専攻。東京理科大学(理工学部)教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)