仏教の事典

個数:

仏教の事典

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年05月22日 05時11分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 561p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784254500172
  • NDC分類 180.36
  • Cコード C3515

出版社内容情報

今日の日本人が仏教に触れる際に疑問を持つであろう基本的な問題,知識を簡明に,かつ学術的視点に耐えるレベルで包括的にまとめた。

身近な問題から説き起こし,宗派や宗門にとらわれず公平な立場から解説した,読んで理解できる総合事典。

〔内容〕〈仏教を知る(歴史)〉教典/教団〈仏教を考える(思想)〉ブッダと聖者/教えの展開〈仏教を行う(実践)〉/実践思想の展開/社会的実践/〈仏教を旅する(地理)〉寺院/聖地/仏教僧の伝来/〈仏教を味わう(文化・芸術)〉仏教文学の世界/他

内容説明

5つの切り口から仏教を解き明かす、“読むエンサイクロペディア”誕生!それぞれの分野の専門家が最新の信頼できる知識を提供して、この一冊で仏教のすべてが展望でき、しかも初心者でも理解可能という、ぜいたくで理想的な要求をすべて満たす、読む仏教事典の決定版。

目次

第1章 仏教を知る―歴史(教典;教団形成と地域展開)
第2章 仏教を考える―思想(ブッダと聖者たち;教えの展開;受容と交流)
第3章 仏教を行う―実践(仏教の基本的実践;実践思想の展開;仏教諸潮流の実践;社会的実践)
第4章 仏教を旅する―地理(仏教寺院の形成と機能;仏教聖地と巡礼;仏教僧の往来;日本の聖地と巡礼)
第5章 仏教を味わう―文化(仏像、仏教美術の形成と展開;仏教文学の世界;年中行事と芸能;仏教文化の広がり)

著者等紹介

末木文美士[スエキフミヒコ]
1949年山梨県に生まれる。1978年東京大学大学院人文科学研究科博士課程修了。現在、国際日本文化研究センター教授、東京大学名誉教授

下田正弘[シモダマサヒロ]
1957年福岡県に生まれる。1989年東京大学大学院人文科学研究科博士課程修了。現在、東京大学教授

堀内伸二[ホリウチシンジ]
1958年長野県に生まれる。1989年東京大学大学院人文科学研究科博士課程修了。現在、中村元東方研究所理事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ヒルコの空蝉✞

2
ほぼ読んでないのにレビュー。息子の誕生に嘆き障害を意味する「ラーフラ」と名付け出奔する29歳の釈迦。全てを悟り、黄昏を前にして立ち竦むオーディンの姿とどこか重なる。黒海周辺から拡散したとされる印欧語族は辺境の北欧と印度で思想的類似性を見せているようにも思う。/ヘディン、スタインら考古学者によってリヴァイブされたシルクロードの仏教遺跡群。そこには文化が伝播する過程で魅せる華やかさと儚さの痕跡が遺る。「ブッダ・マズダ」と銘された画からはバクトリア文化とインド・ヘレニズム文化が融合する姿が浮かび上がる。2016/03/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8076667

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。