包括的てんかん治療―てんかんと共に生きる

個数:
  • ポイントキャンペーン

包括的てんかん治療―てんかんと共に生きる

  • 出版社からお取り寄せいたします。

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A4判/ページ数 215p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784254321746
  • NDC分類 493.74

内容説明

本書は包括的てんかん治療の第一人者である著者が長年蓄積してきたノウハウをてんかん治療に関わる人々のためにできるだけ理解しやすくまとめたものである。

目次

発作とは何か?てんかんとは何か?
初回発作の患者
抗てんかん薬による薬物療法
治療中におこる諸問題
遺伝、妊娠、催奇性、女性てんかん患者における特殊な問題
小児てんかんの治療
乳幼児てんかんの治療
てんかん発作重積状態
てんかんの長期加療
難治性患者―発作が止まらない時は?〔ほか〕

出版社内容情報

包括的てんかん治療の第一人者が,治療にかかわるすべての人々に送る成書。〔内容〕発作とは何か/薬物療法/治療中の諸問題/遺伝,妊娠,催奇性の問題/小児てんかんの治療/てんかん発作重積状態/長期加療/健康保険/運動/就職/他

【目次】
1. 発作とは何か?てんかんとは何か?
 1.1 定  義
 1.2 発症率・罹病率
 1.3 診  断
 1.4 分  類
 1.5 暴力とてんかん
2. 初回発作の患者
 2.1 初回発作後すぐに治療を開始すること
 2.2 発作閾値
 2.3 病  因
 2.4 患者の診断
 2.5 患者の自己管理
 2.6 救急処置についての家族への助言
3. 抗てんかん薬による薬物療法
 3.1 治療の一般原則
 3.2 抗てんかん薬の使用
 3.3 成人に使用される抗てんかん薬
 3.4 多剤併用投与と薬剤の相互作用
 3.5 抗てんかん薬治療の例
 3.6 抗てんかん薬と歯の問題
4. 治療中におこる諸問題
 4.1 発作の救急処置
 4.2 緊急時の医学的身分証明書
 4.3 てんかん専門医への紹介
 4.4 アルコールと発作
 4.5 カフェイン,覚醒剤,麻薬
 4.6 外傷とてんかん
 4.7 ライフスタイルとてんかん
 4.8 てんかんと身体活動
 4.9 てんかんのためのバイオフィードバック治療
 4.10 服薬量の間違い
 4.11 発作におけるリズム
5. 遺伝,妊娠,催奇性,女性てんかん患者における特殊な問題
 5.1 妊娠とてんかん
 5.2 発作の遺伝要因
6. 小児てんかんの治療
 6.1 早期治療
 6.2 鑑別診断
 6.3 欠神発作と複雑部分発作
 6.4 熱性けいれん(熱性発作)
 6.5 小児に通常使用される抗てんかん薬
 6.6 医師,小児てんかんと学校
7. 乳幼児てんかんの治療
 7.1 新生児発作治療のためのガイドライン
 7.2 死亡率と疾病率
8. てんかん発作重積状態
 8.1 医学的救急事態
 8.2 てんかん発作重積の原因
 8.3 治療の一般原則
 8.4 成人とてんかん発作重積
 8.5 成人のてんかん発作重積のための薬物療法
 8.6 小児とてんかん(発作)重積状態
 8.7 小児のてんかん発作重積状態の薬物療法
9. てんかんの長期加療
 9.1 長期加療の一般原則
 9.2 医師の役割
 9.3 小児と成人のてんかん患者の抗てんかん薬の中止
10. 難治性患者:発作が止まらない時は?
 10.1 難治例の再検討
 10.2 ノンコンプライエンス治療の詳細な戦略
11. 非てんかん性症状
 11.1 生理学的非てんかん性症状
 11.2 詐  病
 11.3 誤  診
 11.4 心因性非てんかん性発作
 11.5 血中ホルモンと酵素測定の役割
 11.6 治  療
12. てんかん専門病院
 12.1 てんかん専門病院に期待できる事項
 12.2 てんかん専門センター(病院)の選択法
13. てんかん外科
 13.1 外科治療の適応
 13.2 診断経過
 13.3 外科治療法とその適応
 13.4 大脳半球切除術
 13.5 臨床上典型的な大脳半球切除術
 13.6 ラスムッセン症候群
 13.7 ウェスト症候群あるいは幼児痙縮症
 13.8 軟膜下皮質多切術(MST)
 13.9 結  果
14. てんかんと健康保険
15. てんかんと法律
 15.1 健康保険加入
 15.2 教  育
 15.3 雇  用
16. 運転,就職,スポーツ
 16.1 スポーツ
 16.2 生命の危険
 16.3 運  転
17. 地域社会における社会資源
 17.1 患者擁護と患者教育施設
 17.2 社会サービス,財政援助,家族カウンセリング
 17.3 心理学カウンセリング
 17.4 職業安定所
18. 臨床スケッチ
 18.1 部分発作
 18.2 全般性発作
 18.3 発熱時の両側性間代発作
 18.4 呼吸停止発作
 18.5 混合発作
 18.6 若年性ミオクロニーてんかん
 18.7 海馬硬化
 18.8 側頭葉外複雑部分発作
 18.9 転倒発作
19. 付  録
 19.1 患者日記
 19.2 医者日記
 19.3 てんかん発作の救急処置
 19.4 全般性・間代発作をもつ患者の姿勢
 19.5 てんかん発作をもつ学生のための発作記録
 19.6 てんかん発作をもつ学生のためのその他の情報記録
20. 索  引