症例に学ぶ循環器病学

個数:
  • ポイントキャンペーン

症例に学ぶ循環器病学

  • 出版社からお取り寄せいたします。

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B5判/ページ数 280p/高さ 27cm
  • 商品コード 9784254321487
  • NDC分類 493.2

目次

1 虚血性疾患
2 心筋疾患
3 先天性心疾患
4 弁膜疾患
5 心膜疾患・心臓腫瘍
6 不整脈
7 動脈疾患
8 高血圧

出版社内容情報

京都大学第三内科の症例をテーマごとにまとめ,現在の循環器病学の問題点を探り,今後の診断・治療の指針となるよう簡潔に解説。〔内容〕虚血性心疾患/心筋疾患/先天性心疾患/弁膜疾患/心膜疾患・心臓腫瘍/不整脈/動脈疾患/高血圧

【目次】
1. 虚血性心疾患
 1.1 労作により胸痛発作をきたす症例
 1.2 飲酒後翌朝に胸部絞扼感をきたす症例
 1.3 胸痛発作をくり返し硝酸薬の効果が不十分であった症例
 1.4 急性期PTCAを行った前壁中隔心筋梗塞
 1.5 緊急PTCAが奏功した心原性ショック
 1.6 急性期手術にて救命しえた心室中隔穿孔
 1.7 冠動脈攣縮に起因すると考えられる急性心筋梗塞
 1.8 正常冠動脈にて,狭心症様の胸部痛を生じ,運動負荷心電図で虚血性変化を認める症例
 1.9 労作性狭心症にみられた無痛性心虚血
2. 心筋疾患
 2.1 左室流出路に狭窄を有し,著しい収縮期雑を呈する肥大型心筋症
 2.2 心電図上巨大陰性T波を伴い心肥大が心尖部に限局する肥大型心筋症
 2.3 原因不明の洞性頻脈により,拡張型心筋症様所見を呈した症例
 2.4 末期に典型的拡張型心筋症様所見を呈した肥大型心筋症の剖検例
 2.5 収縮性心膜炎と鑑別の困難であった拘束型心筋症
 2.6 電気生理学的検査結果が治療に直結した多源性心室性期外収縮
 2.7 感冒様症状にひき続いて発症した急性心筋炎
 2.8 急性心筋炎から拡張型心筋症様病像への進展をみた症例
 2.9 好酸球増加を伴った全身性血管炎
 2.10 心不全様の病状を呈した甲状腺機能亢進症
 2.11 甲状腺機能低下を伴った慢性甲状腺炎
 2.12 脾腫,鉄欠乏性貧血など多彩な臨床所見を示した症例
 2.13 結核との関連性が否定できた原発性アミロイドーシス
 2.12 心筋・心外傷炎で発症し,ループス腎炎の悪化に伴う難治性高血圧をきたし,解離性大脈動瘤で死亡した全身性エリテマトーデス
 2.13 胸痛で発症し,心筋生検により,心病変が認められた全身性サルコイドーシス
 2.14 進行性全身性硬化症に合併した高血圧と腎障害
 2.15 重症うっ血性心不全を伴ったBecker型進行性筋ジストロフィー
 2.16 心膜嚢胞および心筋障害を伴った萎縮性筋硬直症
3. 先天性心疾患
 3.1 肺高血圧症を合併した心房中隔欠損症
 3.2 小欠損孔で経過した心室中隔欠損症
 3.3 長期高血圧治療に反応せず,大動脈縮窄症と診断され,治療後軽快した症例
4. 弁膜疾患
 4.1 心不全症状が進行した典型的大動脈弁狭窄症
 4.2 梅毒に起因すると考えられた大動脈弁閉鎖不全症
 4.3 経皮的経静脈的僧帽弁交連裂開術が著効した僧帽弁狭窄症
 4.4 長年の経過中に感染性心内膜炎の合併と心不全の漸次悪化をみたため,高齢であったが,僧帽弁置換手術を行い治療した症例
 4.5 感染性心米膜炎をくり返した連合弁膜症
 4.6 心不全患者に出現した血中肝逸脱酵素(GOT,GPT)の著明な上昇
5. 心膜疾患・心臓腫瘍
 5.1 心筋梗塞と鑑別が困難であった人工血液透析に伴う心外膜心筋炎
 5.2 結核性収縮性心膜炎の手術例
 5.3 多量の心膜液貯留が長年にわたり持続した症例
 5.4 脳梗塞として発症し,その成因として左房粘液腫が見出された症例
6. 不整脈
 6.1 発作性心房細動を伴ったWPW症候群
 6.2 慢性進行性に失神をきたした洞機能不全症候群
 6.3 Adams-Stokes症候群と心不全を伴った完全房室ブロック
 6.4 各種抗不整脈薬に抵抗性で,治療に難渋した持続性特発性心室頻拍
7. 動脈疾患
 7.1 無症候性に進行した動脈硬化性の腹部大動脈瘤破裂により死の転機をとった症例
 7.2 無治療の高血圧症に発症した解離性大動脈瘤
 7.3 冠動脈障害を合併した高安病
 7.4 De Bakey I型解離性大動脈瘤を合併し,Bentall術による治療が成功したMarfan症候群
 7.5 心室中隔欠損症術後に進行し破裂したValsalva洞動脈瘤
 7.6 胸痛発作をおこした家族性高コレステロール血症
 7.7 慢性胸膜炎に合併した広範囲肺梗塞症
 7.8 Sjogren症候群に合併し,warfarinにて緩解をみた肺高血症
8. 高血圧
 8.1 動脈硬化症による片側性腎性高血圧症に経皮的血管拡張術が有効であった症例
 8.2 131I-m-iodobenzylguanidineおよびα-methylmetatyrosineにより治療した悪性褐色細胞腫
 8.3 無症状で高血圧を示さなかった原発性アルドステロン症
9. 索 引

【監修者】
河 合 忠 一
【編集者】
久萬田 俊 明
【著者】
青 山   武, 石 川 嘉市郎
神 原 啓 文, 北     徹
久萬田 俊 明, 小 西   孝
田 中   昌, 武 曽 恵 理
富 永 真 琴, 中 村 保 幸
野 原 隆 司, 橋 本   恵
服 部 隆 一, 広 実 俊 郎
藤 原 久 義, 堀 江   稔
丸 山 晋 吾, 松 田 哲 也
松 永 正 人, 松 森   昭
牧 田 俊 則, 村 上 知 行
山 田 武 彦, 湯 月 洋 介
由 井 芳 樹