少年チャンピオンコミックス BESSATSU<br> ダーウィンズゲーム 〈16〉

個数:
電子版価格 ¥440
  • 電書あり

少年チャンピオンコミックス BESSATSU
ダーウィンズゲーム 〈16〉

  • ウェブストアに7冊在庫がございます。(2022年08月20日 11時42分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ コミック判/ページ数 189p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784253222150
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C9979

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

レリナ

20
アニメ化おめでとうございます。新たなイベントが始まり、これからどんなバトルが始まるのか、楽しみ。カナメ達がどう今回のゲームをクリアしていくのか、気になる。ランキング2位と7位のプレイヤーも接触してきて、カナメ達のチームもより賑やかになってきた。今回も一筋縄ではいかなそうなイベントなので、カナメ達には頑張ってほしい。世界中からDゲームのプレイヤーが集まり、戦う。ワクワクするね。よりDゲームが盛り上がることを祈る。次巻に期待。2018/11/08

流言

16
いよいよ、ゲームが始まる。今までの『ため』の期間が長かったので、期待も高まる。今回新登場したイノリやギョクトも、あるいはかなーり前に登場した雪蘭もまだまだ能力の全貌を見せていないので、どんな能力が飛び出すのか楽しみ。『渦動輪の王』は能力名からして強力な異能なのは察していたが、特に覚醒イベントもなく突如牙をむくのはもうちょっと丁寧に描いても良いのでは、と思うところがある。まあ、紙数も時間も限りがあるし、やむをえないところではあるか。アニメ化を機会に、能力バトルものとしてもう一化けしてくれることに期待したい。2018/12/30

highig

15
( ^ω^)アニメ化決定?そんなに支持されているのか?この作品。ここまで読んでおいてなんだが、異能力バトルモノとして何か物足りない気がする。キャラが活かしきれてないというか、話が分かり難いというか・・・簡単に言うと作品から受ける爽快感に欠けている様な気がするんだよなあ。今巻から新展開のイベントスタート。なにか複雑なルールを明示しての異能バトルとか、冨樫義博風味な展開に。それはそれとして、シュカとカナメが結ばれるシーン・・・ちょっとおざなり過ぎじゃないか?これチャンピオンコミックだよね?読者サービスはどこ?2018/12/16

しぇん

15
アニメ化決定おめでとうございます。唯、どこまでやるんですかね?まぁいよいよダーウィンズゲームの本質に迫ってきた中、再び大規模ゲーム開催。中国のマフィアや軍人たちが入り乱れてカオスな展開だなと思っていたら、まさかの序盤の先生達の復帰とどんな展開になるのか楽しみですね。唯、長くなりそう2018/11/09

彼方

7
トリニティのイベント情報リークのおかげで準備に勤しむカナメたち。そして「海賊王との決戦」が開幕。師としてカナメとイヌカイを鍛える雪蘭さん、初期はいい加減な印象でしたけど普通に常識人で頼れるな…。米軍の研究する変異種、ダーウィンズゲームの真の目的と物語の根底が微かに伺えながら舞台は豪華客船へ。パラレル世界との戦争イベントのようですが、味方が一枚皮じゃなさすぎて不安すぎる…イエイリも運営に繋がってたのに思惑はしょうもなく…。出来るだけ穏便に事の済むよう、カナメの手腕に期待ですね…。2020/08/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13177912

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。