コミック☆星新一空への門

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 205p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784253104616
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C0979

出版社内容情報

著者: 星新一 / 阿部潤 / 川口まどか / 鬼頭莫宏 / 鈴木志保 / 羽央 / 人見茜 / 東山むつき

奇才・星新一の世界がコミックでよみがえる! 生涯に1000編以上を書き残した小説家、星新一の名作を7人のまんが家が大胆にリメイクしたオムニバス・コミックス!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

KAZOO

120
コミックの3冊目です。この中には8つの作品がおさめられています。今回の作品はどちらかというとこれだけ読むと星さんが原作とは思えない感じの作品が多いと感じました。私は嫌いではないのですが、星さんのイメージを持っている人には若干抵抗感が出るのではないでしょうか?2017/01/13

exsoy

27
鈴木志保の良かった!孤独死しても見つけてもらえるだけ良かったのかもしれない。2013/01/03

キビ

14
星新一作品のコミック版。漫画家さんにより解釈や思いの部分で違いはあるのだろうけど、それも含め楽しく読めた。小学生の頃に母に勧められ最初に読んだのが『きまぐれロボット』のはず…。多分純粋だったあの頃、私はどんな気分で読んだのだろう。今、また読んだら、どんな気分になるのだろう。今だから読み直したい、そんな気持ちになりました。2018/07/29

おはなし会 芽ぶっく 

8
旦那が購入したマンガ『空への門  鬼頭莫宏/鏡  羽央/患者  東山むつき/冬の蝶  阿部潤/処刑  阿部潤/程度の問題  人見茜/宿命 川口まどか/ゆきとどいた生活 鈴木志保』お互いの感想は「小説の方が面白いね」です。2020/01/04

来永

6
非常に面白かった!ブラック・ユーモアであり、悲しくもあり。 どの作品も未読のものでしたが、悪魔のやつは怖かった…改めて原作を読みたいと思います。2019/12/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/475750

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。