学校はうたう

個数:
  • ポイントキャンペーン

学校はうたう

  • ウェブストアに6冊在庫がございます。(2022年08月20日 05時20分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 35p/高さ 24cm
  • 商品コード 9784251099549
  • NDC分類 E
  • Cコード C8793

出版社内容情報

教室の机が休んだ子を思い、靴箱が季節を感じ、給食はメニューを当ててと声を上げ、ランドセルは一日あったことを問いかける…。学校にあるものたちが、感じていること、伝えたいことを詩でアピール。子どもたちに、まわりのあらゆるものには命があると気づかせてくれ、それらが発信するメッセージを、多彩なタッチで描いた絵で豊かに伝える。学校に見守られている気持ちになれる詩の絵本。巻末には作者による作品解説を掲載。

内容説明

くつばこは季節を感じ、机はお休みの子を思い、給食はこんだてでなぞをかけ、ランドセルはきょうをたずねる…。学校と、学校にあるものたちが、きもちを自由にうたう!学校のいろんなものたちが、きもちをうたう詩の絵本!

著者等紹介

杉本深由起[スギモトミユキ]
大阪府生まれ。『トマトのきぶん』(銀の鈴社)で第24回日本児童文芸家協会新人賞、『漢字のかんじ』(銀の鈴社)で第14回三越左千夫少年詩賞、『ひかりあつめて:ことばの力でいじめを超える!』(小学館)で第40回日本児童文芸家協会賞と、詩集で数多くの賞を受賞。日本児童文芸家協会、日本児童文学者協会、日本童謡協会に所属

松田奈那子[マツダナナコ]
1985年、北海道生まれ。画家、絵本作家。第1回白泉社MOE絵本グランプリを受賞。その作品をもとにした、『ちょうちょ』(文・江國香織/白泉社)で絵本デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

うー

17
〈詩の絵本〉学校を舞台にした詩。どれも良いけど【チャイムのひとりごと】が特に良かった。 杉本さんの詩、やっぱり好きだ💓2022/06/10

2時ママ

2
次女 小6 ひとり読み。2022/06/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19386946

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。