とどけ!ボールつながれ!ぼくらの言葉

個数:

とどけ!ボールつながれ!ぼくらの言葉

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2024年03月05日 04時26分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 144p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784251082961
  • NDC分類 K783
  • Cコード C8095

出版社内容情報

耳が聞こえないというハンディを乗りこえ、たくましく生きている大塚貴之さん。現在は、デフラグビー(聴覚障害者のラグビー)代表として世界大会でも活躍する一方、子どもたちにラグビーの普及や、聴覚障害についての講演など、幅広く活動している。どんなことに困ったの? どうやってそのコミュニケーション能力を身につけたの? まわりの大人や仲間はどのように感じたの? まずは、知ることからはじめよう。 

内容説明

生まれつきほとんど耳の聞こえない大塚貴之さんには、ラグビーをすることで伝えたい思いがある。聞こえなくても、元気にスポーツができるし、勉強もできる。友だちもたくさん作れる。そして、ちがいを認めあい、だれもが平等にチャンスをあたえられる世の中がくることを願っている。

目次

第1章 聴覚障がい
第2章 キャプテン
第3章 心にひびいた声援
第4章 デフラグビー
第5章 「障がい」は「個性」

著者等紹介

村上晃一[ムラカミコウイチ]
ラグビージャーナリスト。京都市出身。現役時代のポジションは、センター、フルバック。86年度西日本学生代表として東西対抗に出場。元「ラグビーマガジン」(ベースボール・マガジン社)編集長。現在は、フリーランスの編集者、記者として活動。「ラグビーマガジン」J SPORTSのWEBサイトなどにラグビーについて寄稿するほか、J SPORTSのラグビー解説、BS朝日「ラグビーウィークリー」コメンテーターなど、さまざまな場でラグビーの魅力を伝えている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。