伝記を読もう<br> やなせたかし―愛と勇気を子どもたちに

個数:

伝記を読もう
やなせたかし―愛と勇気を子どもたちに

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2024年03月02日 11時37分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 141p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784251046031
  • NDC分類 K726
  • Cコード C8323

出版社内容情報

やなせたかしの人生は、悲しいサヨナラとうれしい出会いの繰り返しでした。その人生を通じて、作品にこめられた想いにふれます。

内容説明

まんがに、絵本に、詩に、音楽に…。「アンパンマン」や「手のひらを太陽に」の作者・やなせたかしさんは、どんな仕事でも人びとを喜ばせてくれました。でもその人生は出会いと別れのくりかえしだったのです。

目次

1 はじめてのサヨナラ
2 絵かきになりたい
3 弟・千尋とのサヨナラ
4 きみはいちばん大切な人
5 こまったときのやなせさん
6 アニメーションの仕事
7 アンパンマン誕生
8 サヨナラ、ぼくの大切な人
9 大地震とアンパンマンのマーチ
10 戦争のことを語る
11 ありがとう、やなせさん
資料

著者等紹介

中野晴行[ナカノハルユキ]
1954年生まれ。フリーライター・編集者。京都精華大学マンガ学部客員教授。『マンガ産業論』で日本出版学会賞奨励賞ほか、『謎のマンガ家 酒井七馬伝』で日本漫画家協会賞特別賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Aya Murakami

88
図書館本。たぶんあんぱんまんを知らない人はほとんどいないと思われます。 ほんわかした作品で(本書を読むまで知らなかったのですが)キャラクター最多でギネスに乗ったあんぱんまんの作者なのですが両親と育ててくれたおじさんを亡くした壮絶な人生でした。 「嫌なやつはやっつけてしまえ」今の世の中ですね(ウクライナでの悲劇)「マンガが荒れるのではない、世の中が荒れているからマンガが荒れるのだ」これも分かる。分かるけど世の中を平和にする方法も嫌な奴と共存する方法も忘れてしまっている私たちです。2022/10/04

ヒラP@ehon.gohon

25
やなせたかしさんといえばアンパンまん、やなせたかしさんといえば東日本大震災のときに勇気をくれた人、アンパンまんとともに語られる人ですが、とてもいろいろな人生の波を乗り越えてきた人です。 平和の大切さ、人への思いやりは生い立ちと戦争経験によって築かれたものでしょう。 もっと長い評伝、伝記があるので、本当はそれを読むことによって、もっともっとやなせたかしさんが好きになると思うのですが、この本はその導入として、コンパクトにまとめられて興味を持てる書籍だと思います。2022/11/15

あーちゃん🥰@低浮上

18
あまり伝記に興味がなかったけど、 やなせたかしさんだったから読んだ。 すぐに読み終わった!!! アンパンマンのことだけかと思ったけど、 やなせさんは戦争も経験していて、 すごいと思った。 幼少期にも色々あって...🤫 ここからは読んでからのお楽しみ💕2021/07/12

おはなし会 芽ぶっく 

13
6年生国語科単元『書評を書いてみよう』の選書。読書カードを書いてみようという単元を中学年でやりましたが、今回は書評。ポイントとして【テーマ】【著者の紹介】【作品の背景】【本の内容】【評価】と分けて説明しました。この本のテーマは【伝記】アンパンマンでピンときて高評価でした。2020/12/02

mataasita

8
図書室で補教中に読了。読みやすい伝記で戦争時代のことも難しくなく書かれていた。エネルギッシュでタフで優しい人だったことがよく分かる。アンパンマンを読んできた子どもは基本的に善悪の理解や正義感を身に付けてるよねーてのが教育界ではささやかれている。これは結構あたりな気がする。アンパンマンにきてほしい子どもたちが世界にはたくさんいる。ガザの状況をネットニュースでみるたびにつらい。どうもユダヤの教えでは違う民族は傷つけても殺しても奪っても破壊しても罪にならないらしい。こんな神様をよく信仰するわ。2023−1322023/11/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10320319
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。