スプラッシュ・ストーリーズ<br> 夏休みに、ぼくが図書館で見つけたもの

個数:

スプラッシュ・ストーリーズ
夏休みに、ぼくが図書館で見つけたもの

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年05月19日 05時45分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 189p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784251044372
  • NDC分類 K913
  • Cコード C8393

出版社内容情報

本好きの達輝はクラスでは目立たないが、図書館では本の知識や紹介で大活躍。「学校とキャラ違くない?」と彩友に驚かれ、「本探し」を頼まれる。サッカーが上手い令央が図書館で天井を見上げて座っているのを見た達輝はスポーツの物語を薦めてみる。貸した本を汚してしまった令央が謝り「もう図書館に来ない」と駆け去った後、思わぬ事情を知った達輝は…。本にしか興味のなかった達輝の、ひと夏の出会いと友情の物語。

内容説明

学校で目立たない達輝は、図書館では本の知識で大活躍。同じクラスの彩友から、わけありの「本探し」をたのまれる。夏休みに図書館で、サッカーが得意で本を読まない令央を見かけ、本をすすめると…!?本にしか興味がなかった達輝の、ひと夏の出会いと友情の物語。

著者等紹介

濱野京子[ハマノキョウコ]
熊本県に生まれ、東京に育つ。『フュージョン』(講談社)でJBBY賞を、『トーキョー・クロスロード』(ポプラ社)で坪田譲治文学賞を受賞

森川泉[モリカワイズミ]
会社員として勤務後、挿画・イラストを描き始める。濱野京子の作品『アカシア書店営業中!』『ビブリオバトルへ、ようこそ!』(以上あかね書房)などの挿画を担当(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

おたけஐ೨💕🥒🍅レビューはボチボチと…

57
81/100点 本にしか興味のなかった小学5年生の少年が、大好きな図書館を通じてのひと夏の出会いと友情の物語。キレイに纏めているが何か上っ面だけをなぞっていて、深みのない話しになっている点が残念。2020/02/05

みつばちい

39
本好きで図書館の主のような達輝。夏休みに同じクラスの彩友に会い、探している本の相談をされた。後日サッカーのうまい令央にも会い、三人は少しずつ本の話をしたり仲良くなっていくが、、本に詳しくて人に勧めるのが好きな主人公が、夏休みの友達と過ごす日々を通して相手のことを考えるようになっていく姿がよかった。友人たちの背負っているものを知ることが彼には大きかったわけだけど、本を読むことで他人の苦しみや知らない世界を知ることもできるし、実際に人とふれあうことで、知れる世界もある。そんなことをさりげなく教えてくれる。2021/07/23

chiaki

36
面白かったです!小学5年生の達輝は「さくら図書館の主」と呼ばれるほど本に詳しい。人にすすめることも得意で、図書館で何もしないという選択肢は彼には理解出来ないのだが…。達輝、彩友、令央たちが夏休みに図書館で出逢ったものとは!?それぞれの成長と友情物語。著者の『アカシア書店~』に登場の湯浅じゅん先生ラン丸シリーズは本作でも登場し、その時活躍した大地くんも、夏休み図書ボランティアとして登場。図書館とは利用者にとってどういう場所であるべきなのかについても考えを深められる。とっておきの一冊…私は…決められないな〰️2019/12/14

おはなし会 芽ぶっく 

33
とても共感できた児童書。先日中学3年生に『ぼくを探しに』を読んだので、主人公の達輝が読書感想文に選んだ本と同じで嬉しかったです。ちょっと単純なようですが(;^_^A 図書館を利用する人は、みんなが本好きではないでしょう。けれど何かのきっかけがあれば、興味ある分野があれば、手にとってくれるものですね。小学生の話ですが、自分が小学生にすすめた本などがあると嬉しくて!読書感想文の一文に「この本のタイトルは『かけらを探しに』じゃなくて『ぼくを探しに』なんだと思いました。」というところが、自分の想いと同じでした2020/02/19

杏子

30
満足~!! 主人公の堤くんのように、人に本を勧めるのって楽しいからわかる!!「ぼくが夏休みに見つけたもの」って、何か夏休みの宿題みたい。堤くんは、毎日、図書館でいろんなものを見つけていたんだね。とっても大事なことだね。図書館で出会ったのは、本だけじゃない!本を通して人とも繋がれる、ってことなんだ!ってしみじみ思うよ。いい話だった。「夢の本棚」の企画もいい。私もこんな楽しいことを学校でいつかやりたいな、と思った。2020/08/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14425489

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。