スプラッシュ・ストーリーズ<br> バアちゃんと、とびっきりの三日間

個数:

スプラッシュ・ストーリーズ
バアちゃんと、とびっきりの三日間

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年04月24日 23時08分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 157p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784251044051
  • NDC分類 K913
  • Cコード C8393

内容説明

主人公の祥太は小学五年生。大好きな夏休みを、のびのびと楽しんでいたら、とつぜん、家でバアちゃんをあずかることに!バアちゃんのそばには、いつもだれかがついていなきゃならない。その大役を祥太が引きうけるのだけれど…。のんびり屋の祥太が、みんなのために全力でがんばる、暑くて長い三日間の物語。

著者等紹介

三輪裕子[ミワヒロコ]
1951年東京生まれ。東京学芸大学卒業。日本児童文学者協会会員。大学卒業後2年間、練馬区立大泉学園小学校で教師をした後、児童文学作家をめざす。1982年に『子どもたち山へ行く』が第23回講談社児童文学新人賞を受賞。同作品を改稿し、1986年に『ぼくらの夏は山小屋で』と改題して出版され、デビュー作となった。東京都在住

山本祐司[ヤマモトユウジ]
1966年京都生まれ。大阪デザイナー専門学校、セツ・モードセミナー卒業。第15回ザ・チョイス年度賞入賞。雑誌や書籍、紙芝居のほか、広告の分野でも活躍。神奈川県在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

はゆ

2
のんびり屋の主人公、祥太が娘と重なり、お母さんの職場が図書館ということにかなり、親近感が湧いた。おじいちゃん、おばあちゃんもきっといい夫婦だったんだろうなと思われる。2017/06/18

ろばこ

2
夏休みに3日間だけ認知症のおばあちゃんと過ごすことになった小5の主人公。こういう話には弱い。2015/10/18

カシオ

1
バアちゃんはみんなからボケていると思われてジイちゃんのことも相手にされていなかったけど、ボクはバアちゃんがまだジイちゃんがどこかにいるのを知っているのかなと思った。祥太もそれを信じてあげる事を優しいなと思った。2013/08/09

遠い日

0
080717【読書ノート/ひとことメモ】認知症のバアちゃんと、三日間を過ごすうちの気付き。2008/07/17

ねええちゃんvol.2

0
★★★★ 3~5年生におすすめ。認知症のばあちゃんとすごす3日間。なかなかよかった。2010/05/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/516478
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。