まもろうせかいの動物たち
パンダのピンピン

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A4判/ページ数 1冊(ペ/高さ 28cm
  • 商品コード 9784251043528
  • NDC分類 E
  • Cコード C8345

内容説明

こんにちは。ぼくはパンダのピンピン。まいにちだいすきな竹をたべてくらしています。ぼくたちパンダは木のぼりもだいすき。ぼくたちのこと、もっとしってほしいな。なかよくなってね。

著者等紹介

ラッタ,ジャン[ラッタ,ジャン][Latta,Jan]
オーストラリアのシドニー生まれ。絶滅危惧種について子どもたちに伝える本を作るために、出版社TRUE TO LIFEを設立。オーストラリアの小学校での講演活動にも力を入れている

天川佳代子[アマカワカヨコ]
1967年埼玉県生まれ。青山学院大学英米文学科卒業

小宮輝之[コミヤテルユキ]
1947年東京都生まれ。1972年多摩動物公園の飼育係になり、クマ、イノシシ、キツネなど日本産動物の飼育係を務める。上野、井の頭、多摩の動物園を経て、2004年から上野動物園園長を務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

遠い日

6
中国、臥竜自然保護区のパンダのピンピン。写真で紹介するパンダの暮らし、特徴。個体数の減少に歯止めはかかっているのか。かわいいけれど、パンダを見るたびに切ない気持ちになります。2019/01/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1681532
  • ご注意事項