科学のアルバム<br> ハヤブサの四季 (新装版)

個数:

科学のアルバム
ハヤブサの四季 (新装版)

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年10月18日 01時47分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 53p/高さ 23cm
  • 商品コード 9784251033895
  • NDC分類 K488
  • Cコード C8345

出版社内容情報

北海道の地球岬の断崖にすむハヤブサ一家のようすを、四季にわたって紹介。10年間追い続けた貴重な労作。

小学校低学年~高学年向き

目次

空のスピード王、ハヤブサ
急降下襲撃
ハヤブサの調理場
早春の地球岬
岩だなの上の産卵
ひなのたんじょう
ひなの成長とえさになる鳥たち
巣立ち
ひとりだちの準備
ハヤブサとなわばり内の鳥たち
はじめての狩り
ハト狩りの成功
秋のおとずれと子わかれ
冬鳥で命をつなぐハヤブサ
ワシ・タカのなかま
日本でみられるハヤブサのなかま
地球岬の鳥たちとハヤブサ
地球岬のハヤブサの一年
自然界の番人、ハヤブサ

著者等紹介

伊藤正清[イトウマサキヨ]
1948年、北海道に生まれる。新日鉄室蘭に勤めたあと、ハヤブサの生態研究を志し、動物写真家として独立する。日本野鳥の会、日本鳥類保護連盟に所属

松田忠徳[マツダタダノリ]
1949年、北海道に生まれる。東京外国語大学大学院修了。翻訳家、ナチュラリスト、動物写真家として活躍。日本野鳥の会会員
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

紅花

4
名古屋の藤前干潟にいくと良く会うハヤブサ。ハヤブサの体や技の秘密、子育て、とても興味深い話が盛りだくさんだった。2016/07/05

なもないのばな

2
懐かしい「科学のアルバム」!病院のライブラリーに置いてあった。誰かが寄付したのであろうか。以前、この「ハヤブサの四季」が発行されたすぐ後、偶然、地球岬へ行く用事ができ、偶然ハヤブサを目にすることができた。あの感激が蘇る。地球上で最速を誇る鎌のような翼、鋭利な嘴、鋭い眼光。写真もよくて、見飽きないなあ。自然界の雄雄しい姿を見てると生命力をもらえる気がする。ところで、近年の研究では、スズメやインコの仲間だってことが判明したとか。ハヤブサ自身は知らないだろうけど。 2019/10/10

ぽんけん

0
ヒナが白くてかわいい2010/05/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/590496

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。