科学のアルバム<br> キツツキの森 (新装版)

個数:

科学のアルバム
キツツキの森 (新装版)

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2024年05月23日 06時05分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 52p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784251033758
  • NDC分類 K488
  • Cコード C8345

出版社内容情報

樹木に穴をあけるキツツキは害鳥なのか? キツツキの四季を追いながら、彼らが森の中ではたしている役割を調べる。

小学校低学年~高学年向き

目次

北国の森に生きるキツツキたち
結婚の季節
巣作り
ひなのたんじょう
ひなを育てる
ほかのキツツキたち
巣あなをねらう外敵
巣立ちの季節
短い北国の夏
秋のおとずれ
木の実を食べるキツツキ
冬のはじまり
ま冬のえささがし
春をまつ
木をつつく鳥
日本のキツツキ
キツツキのからだ
キツツキのあけるあな
森の一年
キツツキと森
キツツキの観察

著者等紹介

右高英臣[ミギタカヒデオミ]
1943年、岐阜県多治見市に生まれる。日本大学芸術学部写真学科を卒業。その後、報道写真家木村恵一、熊切圭介の両氏に師事。現在、フリーの写真家として“人間と自然との調和”をテーマに、自然界の山ふところで撮影中。その詩情豊かな作品は、多くの人びとの感動をよび起こしている
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

いくら丼

7
青森に引っ越してきて間もない4月だか5月だか、公園で読書をしようとしたら、コンコンと何かがうるさくてさっぱり集中できなかった。もしやキツツキかと音源を探すも、何やら木の上の方で鳴っていそうな以外はわからず……。この本を読んだ今ならわかる。木の上だけでなく、根元に木くずが落ちていないかも見るべきだったんだ。そうすれば見つけられたかもしれない。春は確かに、巣作りの季節。ほんとにキツツキだったのかな。本物は見たことがないのだ。巣立ちの様子や越冬の仕方、再度の縄張主張など興味深い。白神山地といえばクマゲラなので。2023/09/10

ぬのさと@灯れ松明の火

3
キツツキは自然林にしか住めないから数がどんどん減っている、と1982年初版のこの本にあります。現在はどうなったんでしょうか……。2013/07/17

あさみ

1
クマゲラの写真が可愛い。 キツツキが自然林にしか生息できない事を初めて知った。2012/05/14

ぽんけん

1
クマゲラの写真が見れてよかったです2010/05/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/590497
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。