科学のアルバム<br> コケの世界 (新装版)

個数:

科学のアルバム
コケの世界 (新装版)

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年10月20日 01時20分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 52p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784251033710
  • NDC分類 K475
  • Cコード C8345

出版社内容情報

荒れはてた大地にまっ先に姿を見せるのがコケ。生物界におけるコケの働き、子孫のふやし方などを解明します。

小学校低学年~高学年向き

目次

早春の野山で
コケの春
コケの花
コケの実
コケの体のしくみ
コスギゴケの一生
胞子をとばすしくみ
分身でもふえるコケ
コケをさがそう
コケ林
林のなかのコケ
水辺のコケ
荒れ地のコケ
秋のコケ
冬のコケ
どれがほんとうのコケ?
コケとほかの植物とのちがい
季節によるコケの成長
コケの寿命は何年?
コケのはたらき
コケと人間

著者等紹介

伊沢正名[イザワマサナ]
1950年、茨城県に生まれる。高校を中退後、登山や自然保護運動に没頭。そのころから花や昆虫、鳥などの写真を撮りはじめる。その後、キノコやコケ、変形菌、カビなどの日陰者に光をあてようと、写真活動をつづけている
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

モリー

65
児童書なので大したことはなかろうと高をくくって読み始めたが、さにあらず。プロフィールによれば、著者の伊沢正名さんは、高校中退後、山登りや自然保護運動に没頭し、写真活動を続けている方のようです。大学で生物学を専攻されていた方ではありませんが、それ故に、苔の世界を様々な視点から見つめた本書を書き上げる事が出来たのではないか。自然保護活動家らしい苔の捉え方には目が開かされました。あとがきには、編集者から「まだ科学がない!」と嗜められたエピソードが紹介されてます。「科学のアルバム」シリーズには「科学」があります。2020/12/19

おおた

10
子ども向けと侮るなかれ、文系の大人は忘れてしまった胞子植物の生態がわかりやすく記述されている。それでいて写真が大きく、いろいろな種類の苔が掲載されているのもうれしい。世界最大の苔ダウソニアや苔の化石の写真が掲載されているのも、類書であまり見ない気がするので、薄いのにお得感がある。2015/12/06

アズサ

3
*コケと人間 自然保護や環境問題にも一役買っているとは侮れない、コケ...2013/04/12

絵具巻

2
文京区立根津図書館で借りました。2019/02/12

にょの

0
ゼニゴケはちょっと苦手…でもスギゴケは大好き!今度ゆっくり見つめます♪2016/05/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/79586

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。