科学のアルバム<br> カラスのくらし (新装版)

個数:

科学のアルバム
カラスのくらし (新装版)

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年05月23日 06時35分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 52p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784251033703
  • NDC分類 K488
  • Cコード C8345

出版社内容情報

カラスは町でも見られる身近な鳥。群で敵を追いはらうようすや、すぐれた知能を使ってたくましく生きる姿を追う。

小学校低学年~高学年向き

目次

群れのくらし
カラスのえさ場
水あび
えさをめぐるあらそい
ねぐら
はんしょくの季節
結婚
巣づくりと産卵
なわばりをまもる
ひなのたんじょう〔ほか〕

著者等紹介

菅原光二[スガワラコウジ]
1940年、青森県十和田市に生まれる。1958年、青森県立三本木高校卒業。1960年以後、芸能関係の仕事に従事するかたわら、動物の撮影をつづけ、1968年、写真の世界にはいる。以後、動物写真家として活躍している。日本写真家協会会員、日本セミの会会員
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ベーグルグル (感想、本登録のみ)

34
1981年3月初版の作品なので、新たな研究とかでデータも変化はあるのかもしれないが、カラスについての入門書として最適。あとがきでの著者のお父様が飼っていたハシブトガラスとのエピソードが実に興味深かった。カラスはやっぱり頭がいい。自由研究の参考文献。2022/08/17

青雲空

4
今週、朝からカラスが喧しい。繁殖期が始まりあぶれた若鳥が群れを作っている。生態を知るためにまずは子供の本で学習。2023/03/10

のん@絵本童話専門

2
分かりやすい丁寧な文章と、くっきり鮮やかでなかなか見られない瞬間を切り取った写真が魅力的な科学のアルバムシリーズ。カラスは賢いので、その生態も面白い。ここで紹介されているのはあくまでも野生状態であり、人間の暮らしとの関係性を知りたいところではあります。最近読んだ『わたしのカラス研究』はその部分に焦点が当たっており面白かったです。絵本なら『鳥博士と天才カラス』、児童書なら『カラスのいいぶん』も面白かったです。2022/11/01

RyoShun

1
ハシブトガラス:もともと森林にすむ鳥、ハシボソガラス:開けた農地や海岸にすむ鳥2020/01/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1197482
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。