科学のアルバム<br> カタツムリ (新装版)

個数:

科学のアルバム
カタツムリ (新装版)

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2017年11月21日 19時53分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 60p/高さ 23cm
  • 商品コード 9784251033567
  • NDC分類 K484
  • Cコード C8345

目次

冬眠からさめて(三月末~四月)
えささがし
雨がすきなわけは?
交尾の季節(五~六月)
カタツムリの産卵(七月)
カタツムリのたまごが大きいわけは?
赤ちゃんのたんじょう
カタツムリのから
カタツムリのなかま
夏のねむり〔ほか〕

著者紹介

増田戻樹[マスダモドキ]
1950年、東京都に生まれる。幼いころからの動物好きで、高校生のころより、写真に興味をもつ。都立農芸高校を卒業後、動物商に勤務。1971年より、フリーの写真家として独立。1984年より、山梨県小渕沢町に移り住み、おもに、近隣の動植物を撮りつづけている。日本写真家協会会員

小池康之[コイケヤスユキ]
1941年、東京都に生まれる。幼いころを長野県の豊かな自然の中ですごし、動植物の生活に興味をもちはじめる。1968年、東京水産大学(現東京海洋大学)大学院修士課程を修了。水産学博士。同大学の水族生態学講座に所属し、アワビ類など水産資源生物の生態研究に従事する。その後、フランス・国立海洋開発センター研究員、東京水産大学助教授を歴任。東京海洋大学助教授。日仏海洋学会、日本水産学会、日本水産増殖学会、日本水産工学会会員

出版社内容情報

先祖は海にすんでいたカタツムリが、どうやって陸に生きられるのか? そのふしぎな生態や、くらしかたをしらべる。

小学校低学年~高学年向き