あしたのための本<br> 女と男のちがいって?

個数:

あしたのための本
女と男のちがいって?

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年05月30日 12時16分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 48p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784251014344
  • NDC分類 K367
  • Cコード C8336

出版社内容情報

女と男は体のつくりがちがう。でも、それ以外にもちがうところがあるように思える。本書では、男女のちがいはいったいどうして、どこからくるのかをユニークなイラストとともに説明している。男のほうが女よりえらいなんてことはあるのだろうか、女と男が平等な社会とはどんな世のなかだろうか。巻末には、社会学者・金野美奈子氏によるオリジナルコラムを掲載。若い読者に自ら考えることを誘いかけるスペイン発の社会絵本。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ルピナスさん

75
【11月24日午後休を利用して念願の国際子ども図書館へ!】16冊目。髭を蓄えた赤の水玉ワンピースの男性と、黒いパンツスーツの女性が手を繋いだ表紙の絵がとてもおしゃれ。正直、自分自身は男女差に余り違和感を感じる事なく女の子らしさを当然のように受け入れて育ってきたので、大人になって私の抵抗は始まったようなものです。子どもの頃から性差を受け入れ理解し合うべき点と性差による偏見をなくすべき点について考える機会を持っていれば、人生変わっていたかも・・・なんて、過去を後悔するのではなくこの潮流を応援したいと思います。2022/11/24

たまきら

41
読み友さんの感想を読んで。デザイン性も高く、文章も簡潔でありながら本質をついていて、子どもも楽しめる一冊ではないでしょうか。特に「女子(男子)はこうあるべき」という社会のあり方には、ぜひ小学生のうちから気づいてほしい内容です。最後に「感想を書いてほしい」という言葉があり、娘が真剣に読んでいました。ふふ、送るかな?2022/12/08

ヒラP@ehon.gohon

19
40年あまり前にスペインで出版された本だそうです。 そのころから見ると、ジェンダーに対する社会意識は今大きく変わって来たと思います。 ひょっとしたら男女の力関係が変わった部分があるかもしれません。でも、肝心なのは性差の違いを認識しつつ、理解し合い共に生きることの当然さを意識することでしょう。 意外と、意識構造のなかではまだ納得できていない部分があったりします。 垣根越しに考えていてはいけないことを痛感します。2020/04/21

遠い日

11
「あしたのための本」シリーズ。約40年前に、スペインで、子どもたちのために出された社会を考えるための本。今回絵を新たにしたという。男女の性差を考える。能力は男女共そう違わないのに、育てられ方によって、役割を担わされ、別の道、立場に立たされてきたことをわかりやすく解説する。2019/09/21

noko

6
プランテルグループによるシリーズで、親の私はお気に入り。黒の背景に、カラフルな差し色の絵が映える。ジェンダー格差が酷い日本でこそ、小さいうちから、男女差別についての学びは必要だと感じる。男女平等だと教えているお家と、ジェンダーによって役割があるお家がある。家庭によって格差があると思う。体の作りが違うだけで、男も女もあまり変わらない。違うのは個人差である。男だから女だからという言葉をつけて話すのは、やめよう。我が子もコメント残さなかったけれど、納得していたみたい。2023/12/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13805072
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。