あかね・新えほんシリーズ<br> わたしの足は車いす

個数:

あかね・新えほんシリーズ
わたしの足は車いす

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年03月05日 07時08分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A4判/ページ数 1冊(ペ/高さ 30cm
  • 商品コード 9784251009395
  • NDC分類 E
  • Cコード C8397

内容説明

両足がマヒしていると、家のなかでも、外へいくにも、車いすなしではどこへもいけません。車いすが足のかわりになるのです。これは、はじめて車いすでスーパーにひとりでおつかいにいった女の子の話です。かなしいこともあったけど、とってもうれいこともあったんですよ。

著者等紹介

ファイニク,フランツ=ヨーゼフ[ファイニク,フランツヨーゼフ][Huainigg,Franz‐Joseph]
1966年オーストリア生まれ。クラーゲンフルト大学にてドイツ語およびメディアコミュニケーションを学ぶ。幼児の頃の予防接種の副作用で両足マヒとなり、以来、車いすの生活。オーストリア教育・文化省のためのメディア教育活動にたずさわり、「自分で人生を決めよう」運動その他の障害者活動を積極的に主導。現在、オーストリア国会議員。結婚してふたりの娘と暮らしている

バルハウス,フェレーナ[バルハウス,フェレーナ][Ballhaus,Verena]
1951年ドイツ生まれ。ミュンヘン美術大学卒業後、舞台装置の仕事に従事する。その後、演劇ポスターのデザインにたずさわり、80年代半ばより本のさし絵を手がけるようになる。ドイツ児童文学賞(絵本部門)を受賞し、これまでに、50冊以上の作品を手がける。現在ミュンヘン在住

ささきたづこ[ササキタズコ]
香川県に生まれる。早稲田大学史学科卒業。ドイツに6年滞在し、ドイツ語を学んだ後、ミュンヘン国際児童図書館にしばらく勤務する。帰国後は、ドイツの児童文学や絵本の研究・翻訳に従事
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

nakanaka

79
下半身マヒの女の子・アンナが初めてのお使いに行き、そこで様々な経験をして成長していく内容。私を含め子供も障碍者理解を深めることができた良い絵本でした。良かれと思って行動したことが特別扱いになってしまうということは目から鱗でした。普通に接することが大切なのでしょうね。2018/10/17

ヒラP@ehon.gohon

26
身体障害とバリアフリーを考える絵本です。 自ら両足マヒで車いす生活をしている作者の体験を通しているから、実感のこもった絵本になっています。 生活に多少の不自由はあるけれど、特別扱いはして欲しくないのです。 ましてや同情や哀れみや、排他的な眼で見てほしくないのです。 日常生活での不便さに対するバリアフリーとともに、人間通し間のバリアフリーについても考えさせられます。 私の職場に、自力で車いすで通所してくる青年がいます。 毎日元気いっぱいです。 のびのびと暮らしてもらいたいと思います。2021/12/05

ヒラP@ehon.gohon

19
生まれつき両足が不自由なアンナは車イスに乗って生活しています。 障害者ではあるけれど、普通の女の子です。 アンナが行動するには、街のあちらこちらに妨げがありました。 でも、一番哀しかったのは、特別視したり、目をそらそうとする人の心。 街にバリアフリーを考えることだけではなく、心のバリアフリーが大事だと痛感しました。2016/06/21

マツユキ

16
小4娘がおすすめしてくれました。車イスを使っているアンナは、お母さんに頼まれ、一人でお使いに行きます。じろじろ見られたり、避けられたり、何もできない小さな子みたいに扱われたり。傷つくアンナでしたが…。一方的な理解だけではなく、伝え合う事で、より良くできる。バリアフリーとか、考える良い機会のなるんじゃないでしょうか。2019/11/02

おはなし会 芽ぶっく 

15
両足のマヒにより車いすのアンナは、お母さんに頼まれ買い物に出かける。アンナを気の毒に思う人達にうんざりしながらも、友達にになったジニーに励まされ、自分から手助けを求める事ができた。【高学年向き】 『司書と先生がつくる学校図書館』より5年生向け。2018/10/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/639166
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。