あかね・新えほんシリーズ<br> 虎落笛(もがりぶえ)

個数:

あかね・新えほんシリーズ
虎落笛(もがりぶえ)

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2024年04月21日 15時10分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A4判/ページ数 1冊(ペ/高さ 31cm
  • 商品コード 9784251009340
  • NDC分類 E
  • Cコード C8393

出版社内容情報

風の強い冬のある日、子どもが原っぱで凧をあげようと、こおった道を歩いていると、風の音に交じり、「きょうの虎あでえかいぞう……」と恐ろしい声が聞こえてきました。冬の烈風を幻想的に描いた絵本。

内容説明

虎追う笛は、虎狩り笛、追えよ大虎、追いだせよ。ふけよ竹笛、虎落笛。

著者等紹介

富安陽子[トミヤスヨウコ]
1959年、東京に生まれる。和光大学卒業。『クヌギ林のザワザワ荘』(あかね書房)で日本児童文学者協会新人賞・小学館文学賞、「小さなスズナ姫」シリーズ(偕成社)で新美南吉児童文学賞受賞

梶山俊夫[カジヤマトシオ]
1935年、東京に生まれる。『風のおまつり』(福音館書店)で世界絵本原画展(BIB)金のリンゴ賞受賞、『いちにちにへんとおるバス』(ひかりのくに)で講談社出版文化賞、『あほろくの川だいこ』(ポプラ社)で小学館絵画賞、『こんこんさまにさしあげそうろう』(PHP研究所)で絵本にっぽん大賞、『わらべうた』(福音館書店)でブラチスラヴァ世界絵本大賞を受賞
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

yomineko@猫と共に生きる

52
大きな凧を持った男の子は、不思議な声を聞くが、怖くて泣いてしまう。泣き疲れて見れば、何も問題ない。だが、最後に「また虎落笛を吹きにおいで」と声がした。確かにした。2024/03/06

千穂

35
冬の木枯らしが竹林の中で共鳴して悲しげな音を立てていたのでしょう。凧揚げに来た少年はドキドキ、怖くなってしまいます。虎落笛もがりぶえという言葉も、冬の季語であることも初めて知りました。2017/10/19

おはなし会 芽ぶっく 

17
寒さ厳しい冬の日、男の子は新しい凧をあげたくて原っぱに急ぐ。がらんとした原っぱは強い風が吹き、その風の音に交じって声が聞こえる。気味悪いその声は男の子と戯れたいだけなのかもしれないが、得体のしれない恐怖が襲い、それでも声の言う事を聞かなくてはならない怖さ。冬のさなか竹林をわたる虎落笛のおはなし。2020/12/08

遠い日

11
寒風吹きすさぶ冬の草原で、ひとり風と向き合う子ども。新しい凧を揚げにきた原っぱで、不思議な風の声を聞く。自然と対峙した原体験のような世界観。自分の全てをさらけ出さないと、許されないようなできごと。風はこの子と戯れただけ。厳しさの後の例えようもない大きな包み込む力。自然の懐の深さが感じられて鳥肌立つような思いがする。2017/10/17

anne@灯れ松明の火

10
大好きな富安さんの絵本。梶山さんの絵が、神秘的な雰囲気を盛り上げていた2010/11/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/36482
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。