からだのえほん<br> どきどき よぼうちゅうしゃ

個数:

からだのえほん
どきどき よぼうちゅうしゃ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年05月28日 01時18分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 200p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784251002556
  • NDC分類 E
  • Cコード C8347

出版社内容情報

だれだって注射はきらい。でも元気なときにする注射があります。予防注射です。予防注射をする意義を教えます。

3歳から

内容説明

(ちゅうしゃなんかだいきらい!)りこちゃんはおもいます。でも、どうしてげんきなときにちゅうしゃをするのかな?人間のからだのしくみや働きのすばらしさが、楽しいお話をとおしてわかる幼児絵本!3~6歳向。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

はるごん

15
注射が大嫌いな息子。しかし注射をすると悪い病気を治してくれるって事が絵本で伝わったみたいで「へぇー」って言ってました。きっとまた打つ時には怖がるけど注射の大切さが伝わったかな。2022/03/12

雨巫女。@新潮部

8
《書店》病気の免疫力を強くするためには、重要。でも、予防注射は、痛い。2012/10/17

こゆ

2
4歳息子が行きつけの小児科で選んだ本。最近の通院では数ある玩具に見向きもせず、絵本ばかり持ってくるようになりました。注射が嫌いな女の子。元気なのに注射をすることに納得できない。病院の先生が予防注射の意味を説明してくれる。予防接種の仕組みはまだまだ難しいけど、痛いけど意味があるということだけでも分かってくれるといいな。それにしても、最近は製薬業界の陰謀論なんかがネットで出回り、あえて予防接種をしない親御さんが増えてきたように思う。そういう人に限ってあまり病気をしないタイプだから困る。2018/01/21

harumamayaca

0
ひとり読み(4歳) 2017/11/11

harumamayaca

0
ひとり読み(4歳) 2017/10/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/184169
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。