障害者問題双書<br> リハビリテーションを考える - 障害者の全人間的復権

障害者問題双書
リハビリテーションを考える - 障害者の全人間的復権

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 316p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784250830181
  • NDC分類 494.78
  • Cコード C0037

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ゆう。

30
1983年初版。今日のリハビリテーション概念を構築する基礎となった重要な文献です。著者は、「リハビリテーションとは障害者が人間らしく生きる権利の回復、すなわり『全人的復権』にほかならない」と指摘します。ただ単なる訓練ではなく、人びとの生存権保障を根底にすえ、人権・権利としてリハビリテーションを捉えたものです。そしてリハビリテーションを通じての自立を考えます。それは他人のための自立ではなく本人にとっての自立でなければなりません。今日、自立が社会から強制されているなかで重要な指摘だと思いました。2017/06/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1453670

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。