自己所有権・自由・平等

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 388,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784250205019
  • NDC分類 309.3
  • Cコード C3010

内容説明

平等と両立する自由はいかにして可能か?自由を標榜するリバタリアニズム(自由至上主義)。だが、その主導者ノージックの議論の核心=「自己所有権原理」は、自由を実現するものではない。マルクスの搾取論にも潜むこの原理と向き合い、自由が平等に享受される社会の理念を提示する。

目次

歴史・倫理・マルクス主義
ロバート・ノージックとウィルト・チェンバレン―いかにしてパターンは自由を維持するのか
正義・自由・市場取引
自己所有権・世界所有権・平等
自由と平等は両立するか
自己所有権・共産主義・平等―マルクス主義の技術的解決に抗して
マルクス主義と現代の政治哲学―なぜ平等主義リベラルよりもマルクス主義者の方がノージックに悩まされるのか
土地と労働をめぐるマルクスとロック
マルクスにおける搾取―搾取はなぜ不正か
自己所有権(概念の描写;命題の評価)
幻滅の未来

著者等紹介

コーエン,G.A.[コーエン,G.A.][Cohen,Gerald Allan]
1941年生まれ。オックスフォード大学教授(社会政治理論)

松井暁[マツイサトシ]
1960年生まれ。立命館大学教授

中村宗之[ナカムラムネユキ]
1969年生まれ。埼玉大学経済学部非常勤講師
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。