徳間文庫<br> 新・雨月―戊辰戦役朧夜話〈上〉

個数:
電子版価格 ¥754
  • 電書あり

徳間文庫
新・雨月―戊辰戦役朧夜話〈上〉

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2024年02月23日 00時38分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 493p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784198936488
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

慶応四年、西軍・長州藩の間諜・物部春介は修験僧に扮していた。木戸孝允から新発田藩での一揆使嗾の命を受けて、成功。次に武器商人スネル兄弟経営の商館を潰すため新潟へ。長岡の元博徒・布袋の寅蔵は、家老の河井継之助に信服して組を解散。以降、継之助のために動いている。会津藩政務担当家老・梶原平馬は、奥羽越列藩同盟結成を機に、北方政権樹立を夢みる…。

著者等紹介

船戸与一[フナドヨイチ]
1944年山口県生まれ。作家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

姉勤

26
戊辰戦争における奥羽越列藩側と討伐軍側の歴史の舞台で名を成さなかったスパイや工作員、協力者、いわゆる小物の物語を通して、後世に生きるものの天上からの目線ではない、先の見えない地を這う者の目線で歴史は進む。日毎刷新される、流入する兵器と兵法。旧態依然の象徴たる会津の惨敗。天空にハシゴで登ろうするような愚かさは、如何に貴き「士魂」を秘めようと、「土塊」にも似た価値なきもののに堕する。魂など、入れ物たる肉体が生き残ってから考えればいい。 2023/02/28

Akihiro Nishio

24
自分の中の戊申戦争ブーム続く。舟戸与一は、最初に大風呂敷を広げるスケール感と、ちまちま個人の感情など書かないところが大陸的で良い。主人公は長州藩と長岡藩に仕える間者たちだが、実質的な主人公は、「峠」の主人公、河井継之助であった。しかし、あえなく長岡城が落城。既に奥州の要所白河口まで取られていて、土方歳三は怪我のため静養中。奥州連合にとって、元新撰組の斉藤一と、鴉組が、少し戦果を上げること以外に、良いニュースはない。圧倒的有利な西軍がずるい策略をやたら使うのは、長州気質なのか?奥州人はうぶすぎる。2017/10/06

ちゃま坊

16
幕末維新。3人の主人公は長州藩桂小五郎の間諜、会津藩松平容保の家臣、長岡藩河井継之助の協力者。戦争なのだから一揆、謀反、暗殺、諜報といった権謀術数の世界がある。奥羽越列藩同盟どうも精神論だけでは勝てない。刀槍の時代はもう終わったと新選組土方歳三や斎藤一に言わせている。この巻北越戦争が終わったところ。2018/06/25

木賊

15
薩摩と並び新政府軍の主力である長州藩、嘗て京都守護職の任にあり朝敵となった松平容保の会津藩、武備中立を唱えた長岡藩にそれぞれ主人公を置き、三者三様の立場から包括的に戊辰戦争の推移を描く。各藩の内情や西軍内・東軍内の勢力争い、小藩の事情、輪王寺宮を推戴しての北方政権樹立構想などが細かに語られていて、非常に面白い。戊辰戦争をここまでがっつり取り上げた小説は初めて読んだ気がする。2020/06/18

眠る山猫屋

10
久々の船戸時代小説。船戸さんはたしか維新側の土地の生まれだったはず。それにしては、ずいぶんと佐幕側に肩入れしているような・・・今のところ、物部春介と寅蔵がそれぞれの立場から暗躍を繰り返し歴史の中で足掻いているばかりだが、時代は苛烈に流れていたのだなぁ。2013/12/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/6129983
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。