徳間文庫<br> 警察(サツ)記者33年―凶悪事件の裏事情

徳間文庫
警察(サツ)記者33年―凶悪事件の裏事情

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 509p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784198912895
  • NDC分類 070.16
  • Cコード C0195

内容説明

凶悪犯罪が頻発する現代日本。ときに事件の解明を巡って捜査当局と犯人、そして新聞記者のスリリングな駆け引きが激しく交錯する。とりわけ「弘前大教授夫人殺し事件」は、冤罪事件の証明を懸けて、真犯人と弁護士、記者が三人四脚で取り組んだ特異なケースと言える。その他、「マニラ保険金殺人事件」から「オウム事件」まで、事件の真相に迫る記者魂にふれて、新鮮な感動を覚える。

目次

第1部 警察記者二十年(ジャンケンポン協定;囲碁の功名;事上磨錬 ほか)
第2部 弘前大教授夫人殺し事件(作られた犯人;再審請求提出;血痕のミステリー ほか)
第3部 マニラ保険金殺人事件(「私、殺されかけたんです!」;告白;主犯と実行犯 ほか)
第4部 記憶に残る事件(尊属殺人;タレコミ男;天皇の門番 ほか)