徳間文庫<br> 鬼が哭く谷

電子版価格 ¥605
  • 電書あり

徳間文庫
鬼が哭く谷

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 411p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784198912444
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

「死にそうに、いいです。ああッ」男のやり方は射精が目的だけではなく、丹念に女の官能を掘り起こす強姦だった。二七号強姦魔―五年前に忍び込んだ家で若夫婦を強姦し大金を奪って以来、七件の犯行を重ね二人の人妻を絞殺した凶悪犯。そしてまた新たな犠牲者が生まれた。泊まりがけの友人宅で被害に遭ったのは警視庁捜査一課・保科の妻だった。重い殺意を胸に、保科は犯人を追う!官能バイオレンス集。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

屋根裏部屋のふくろう🦉

5
これは珍しく短編集。西村モノにしては、性交描写が少ない。しかしながら人間の持つ欲望(性欲、、金銭欲、生存欲等々)は醜いほど描かれており、西村節が生きている。表題作『鬼が哭く谷』の結末は尻すぼみにしてイマイチ残尿感あり。西村モノの中では消化不良の感あるも、どことなく、なんとなく、この短編集の文章から受ける印象は、お兄さんの西村望氏の筆致を思い起こさせる。2018/12/04

太極拳とーちゃん

0
短編集であったがかなり面白かった!但し、終わり方が急にくるものも多少あった。2015/12/09

つちのこ

0
1985年頃読了

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/50865

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。