徳間文庫<br> 私は金正日の「踊り子」だった〈上〉

徳間文庫
私は金正日の「踊り子」だった〈上〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 250p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784198910068
  • NDC分類 929.16
  • Cコード C0197

内容説明

北朝鮮の貧しい家の長女として生まれた著者・申英姫は、美貌と才能によって舞踊の世界に入り、トップスターへの道を歩んでいく。ある夜、絶大な権力者・金正日の主催する秘密パーティーでの公演を命じられる。淫らな踊りと幹部たちのレイプまがりの暴力。金日成ロイヤル・ファミリーの愛人となり、やがて闇に葬られる仲間の踊り子たち。屈辱に耐えながらも党への忠誠を曲げない彼女だったが―。

目次

プロローグ 亡命
故郷・南浦
舞踊家を夢見る少女
ピパダ歌劇団のオーディション
首都平壌での出発
ピパダ歌劇団
ロイヤル・ファミリーとの恋
秘密の城で行われたお見合い
ある女優の公開処刑
舞踊の最高峰へ〔ほか〕