徳間文庫<br> 切り裂きジャック―世紀末殺人鬼は誰だったのか?

  • ポイントキャンペーン

徳間文庫
切り裂きジャック―世紀末殺人鬼は誰だったのか?

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 446p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784198909369
  • NDC分類 368.6
  • Cコード C0197

内容説明

1888年秋、世紀末ロンドンで五人の娼婦が次次と殺害された。いずれも喉を切られ、内臓を裂かれるという残酷な手口で―。犯人は「切り裂きジャック」の異名で呼ばれ、ヴィクトリア朝の人々を震え上がらせた。以後百年余、殺人者の正体は、医師、産婆、王位継承者と、さまざまに憶測された。果たして、真の犯人は一体誰なのか?鬼才コリン・ウィルソンがついに謎の正体を解き明かす。

目次

序章 切り裂きジャックの心理学的肖像―ヴィクトリア朝の性道徳と20世紀の性犯罪より推理する殺人鬼の実像
第1章 事件のあらまし―切り裂きジャックの殺した五人の売春婦たち
第2章 事件のその後と分析―類似の事件と警察関係者の回想録での犯人推理
第3章 医師ジャック説―切り裂きの鮮やかな手口から浮かぶ悪徳医師たち
第4章 女ジャック説―レズビアン売春婦と助産婦の黒い復讐
第5章 紳士ジャック説―将来を嘱望された男たちの転落の果て
第6章 貴族ジャック説―ヴィクトリア女王の孫クラレンス公をめぐる騒動
第7章 黒魔術師ジャック説―世紀末に出現した妖しげな変人たち
第8章 その他のジャック説―レザー・エプロンから殺人鬼ディーミングまで
第9章 真犯人は誰か?―勢ぞろいした容疑者たちへの最終判決
補遺1 ジャックの後継者たち―動物いじめから殺人に走る非行少年
補遺2 メルヴィル・マクノートン卿のメモ
補遺3 切り裂きジャック書誌の100年