徳間文庫<br> 殺し人別帳―殺し稼業千切良十内

徳間文庫
殺し人別帳―殺し稼業千切良十内

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 318p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784198908249
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

千切良十内、六十一歳の老十五屋。五、六、四を足すと十五になるのを掛けた殺し屋の俗称だ。二十三年前まで常陸国麻生藩二万三千石、新庄直矩の家臣だった十内だが、喧嘩で人を斬り、脱藩。江戸で餓死寸前に拾われて殺し稼業に入って以来、馬針を使った手練の技で、なんとか生き延びている。今度の依頼は、本所の石原町に住む二百石の旗本だ…。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ニミッツクラス

0
千切良十内の3作目。前作のみが長編の体裁で、一作目と本作は連作短編になっている。本作は前作の内容を踏襲していないので、話の整合しない部分もあるがご愛敬。目次が9つあり、殺しはその数以上となる。勧善懲悪とは無縁の殺しだが、さすがに女を手に掛けるのは気が重い。ウラを探るのは掟破りだが、片足の入った老境、殺しのために奮起する理由は必要だ。著者峰氏の作品群の中でも、血を見ない異色の本シリーズ、あと一冊。もっと書いて欲しかった。では、馬針が相手の腹に無痛で吸い込まれて行き、そして3日目に死ぬ。★★★★☆☆2011/10/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/2281904

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。