徳間文庫<br> 隋唐陽炎賦―亜州黄龍伝奇〈5〉

徳間文庫
隋唐陽炎賦―亜州黄龍伝奇〈5〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 314p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784198906344
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

賭博場に似た熱気とともに、歯切れ良い英語が飛び交う中、オークションにかけられた品は、絢爛豪華な刀剣だった。おそらく隋唐の皇帝の佩刀だろう。激しい競りに終わりを告げ、遂にその品を手に入れたのはビンセントであった。会場を後にする車中で、懐かしい古剣の感触を確かめる彼の意識は千古の時を遡りはじめた。天下を統一した隋と、華やかな時代を築いた唐とがともに存在した遙か彼方へと―。特別篇。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Dyans

1
ああぁ。この小説は、秋生が主人公の小説ではなく、四聖獣がメインの物語だったんだと納得。話は隋唐時代が舞台。死なない四聖獣の内の青龍と転生を繰り返す黄龍の「愛」の物語的色合い。2020/04/16

シエル

0
再読。2013/07/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/50672

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。