徳間文庫<br> オウムを喰おうとした男―小説 O鉄工事件

徳間文庫
オウムを喰おうとした男―小説 O鉄工事件

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 358p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784198906337
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

石川県で年商四十億の「オオハラ鉄工グループ」を経営する大原雄治が麻原彰晃の門をたたいたのは阿含宗の元会員からの紹介があったからだ。大原は以前より瞑想に興味があり、一時は阿含宗の会員でもあった。最終解脱者がいると聞き東京に出たついでに妻を伴い世田谷の麻原の道場を訪ねたのだ。それが地獄の入り口になるとは思いもしなかった。オウムを利用し、経営に活かそうとした人間が覗いた闇…。