徳間文庫<br> 佐高信の反対尋問

徳間文庫
佐高信の反対尋問

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 378p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784198905613
  • NDC分類 304
  • Cコード C0195

内容説明

「この対談のゲストは、佐高さんが人選なさっているんだろうけれども、あまり断られないでしょう。断るとエライ目に遭う。敵対関係になるとマズイというので、呼ばれたらとりあえず喜んで出てくる」。喜んでにしろ、しぶしぶにしろ対論の場に臨んだ論者たち。佐高信の容赦ない尋問のムチがふるわれる。あらゆる諸相から、現在の日本を論じ、間断することのない、一級の対論集。我々は、今どこにいるのか。

目次

政治(闘う批評とは何か―文学と憲法のはざまで;敗戦世代は何を糧に生きるか ほか)
経済(金融モラル確立が「日本浮上」の鍵;日本企業を解く鍵「内面指導」 ほか)
ジャーナリズム(ノンフィクションの「事実を見る眼」とは何か;堕ちたジャーナリズムが日本を滅ぼす ほか)
思想(目覚めよ! ジャーナリズム;“儒教三千年”の本質に迫る! ほか)
くらし(若者と中年、掛け値なしの対立;“間違いがあって世の中”の現実を知る ほか)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

カネコ

0
2011/11/04

Shoichi Kambe

0
*本多勝一→日本のジャーナリズムは、もって回った理屈を付けて正当化しますでしょう。教科書で「侵略」ではなくて「進出」長良川の「河口ダム」を「河口堰」→体制側が自己防衛のために考えた言葉を、そのままマスコミが使っている。PKO→平和維持活動→平和維持作戦 体制側の“詐欺用語”を、マスコミが無反省にそっくりそのまま使うところに問題がある。 *森本哲郎→今の政界のだらしなさと言うのは「国民はそれにふさわしい指導しか持てない」ということから言えば、われわれ一般の責任もあると思うんです。 *伊集院静→在日韓国人二世2021/05/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/740081

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。