OODA(ウーダ) 危機管理と効率・達成を叶えるマネジメント

個数:
電子版価格 ¥1,584
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

OODA(ウーダ) 危機管理と効率・達成を叶えるマネジメント

  • 小林 宏之【著】
  • 価格 ¥1,760(本体¥1,600)
  • 徳間書店(2020/01発売)
  • ウェブストア限定 全点ポイント5倍キャンペーン(6/24~6/28)※店舗受取はキャンペーン対象外※
  • ポイント 80pt
  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年06月28日 12時46分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 240p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784198650179
  • NDC分類 336
  • Cコード C0030

出版社内容情報

PDCAに代わる新たなビジネスマネジメント「OODA」について、元パイロットで危機管理のスペシャリストが詳細解説。

内容説明

PDCAの次はこれ!リスクマネジメントにおける究極の意思決定ループ。スピード、生産性が激烈アップ!アメリカ・シリコンバレーをはじめ、欧米のビジネス界が次々と採用する即断即決の思考術!!

目次

第1章 リスクマネジメントの本質―今、なぜ危機管理が必要なのか
第2章 事例で見る危機発生時のリーダー論―組織の運命はリーダー次第
第3章 OODA時代に求められる役割遂行型リーダーシップ
第4章 OODAの概念―リスクマネジメント・危機管理のための意思決定ループ
第5章 OODAループ1 Observe 「観察」する能力を鍛える
第6章 OODAループ2 Observe‐Orient 「観察」「状況判断」をするために情報力を磨く
第7章 OODAループ3 Observe‐Orient 悲観的に準備する
第8章 OODAループ4 Decide 決断力を磨く
第9章 OODAループ5 Act 楽観的に対応する
第10章 OODA時代を生き抜くリーダーに求められる条件
第11章 持続可能な組織運営のためにリーダーをどう選び、育てるべきか

著者等紹介

小林宏之[コバヤシヒロユキ]
リスクマネジメント・危機管理専門家。元日本航空機長。1946年10月4日愛知県新城市生まれ。1968年日本航空株式会社に入社。入社以来42年間、一度も病欠などでスケジュールの変更なく飛び続ける。乗務した路線は、日本航空が運航したすべての国際路線と主な国内線。総飛行時間1万8,500時間。その他、首相特別便機長、湾岸危機時の邦人救出機機長など。2008年には、「高度一万メートルからみた地球環境」というテーマで、新聞、テレビ、ラジオ、雑誌などのメディアに出演。日航退社後は、危機管理・リスクマネジメントの講師として活躍する傍ら、航空評論家としても活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

カタヤマタケシ

5
PDCAサイクルとは異なるマネジメント手法、OODAループ。スピーディーな意思決定と行動、リスクマネジメント、危機管理に適したフレームワークです。観察→状況判断→意志決定→行動、これを短期間で繰り返していく。ビジネスの現場でも役立つやり方です。著者は長年パイロットをされていて、こうした経験の中でOODAループの有効性がしっかり語られています。それ以外でも、六分の勝ちをよしとするや悲観的に準備し、楽観的に対処せよといったリーダの心得が学べます。2021/12/07

まさや

5
航空戦に臨むパイロットの意思決定をするためにつくられたものだそうです。2020/11/15

リハヒロ@心臓リハ

2
OODAループについて書かれている。PDCAサイクルと似ているようで、失敗を活かす点で違うのかと。PDCFAサイクルなら問題ないとも 2020/02/22

1
自身の内部に原因をもとめる。今起こっていること→原因ではなく、条件だと捉える。2021/05/15

Go Extreme

1
リスクマネジメント=純粋+投機的 イスラエル:必要に駆られた危機管理 日本:平和ボケ・必要なし 塩野七生・リーダー条件:知力・説得力・肉体的耐久力・持続する意思・自己制御 瀬島龍三:悲観的に準備し、楽観的に対処せよ リスク(R)=発生確率(P)×被害の大小(D)予見できない危機≒無駄と非難される備え Too Little Too Late⇔OODAループ 判断:頭で完結・部下 決断:行動伴う・リーダー 平時:アフターユー 非常時:フォローミー 五輪書:神仏を尊び神仏に頼らず 発生したこと:原因でなく条件 2020/03/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15239657

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。