絶望の金融市場(マーケット)―株よりも債券崩れが怖ろしい

個数:
電子版価格 ¥1,584
  • 電書あり

絶望の金融市場(マーケット)―株よりも債券崩れが怖ろしい

  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2019年11月22日 19時33分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 279p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784198648367
  • NDC分類 338.1
  • Cコード C0033

目次

第1章 “トランプ独裁”が経済を変えた
第2章 金融理論はみんなゴミだった
第3章 株よりも債券市場の崩落が恐ろしい
第4章 ボロくず債の暴落から恐慌突入
第5章 経済学はY=Mですべて分かる
第6章 「政府マネー」は間違っている
第7章 アメリカは北朝鮮を押さえ込む

著者等紹介

副島隆彦[ソエジマタカヒコ]
1953年、福岡市生まれ。早稲田大学法学部卒業。外資系銀行員、予備校講師、常葉学園大学教授などを歴任。副島国家戦略研究所(SNSI)を主宰し、日本人初の「民間人国家戦略家」として、講演・執筆活動を続けている。日米の政界・シンクタンクに独自の情報源を持ち、金融経済からアメリカ政治思想、法制度論、英語学、歴史など幅広いジャンルで、鋭い洞察と緻密な分析に基づいた論評を展開している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。